毎日gdgdと過ごす日々


by tlunar
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2012年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

メガネ男子

レーシックでメガネとサヨナラしたのが5年前。
裸眼での生活が当たり前になっていた私ですが、再びメガネ生活に復帰する事になりました。
b0012247_23543359.jpg

今回の相棒はコレ
PCの光から眼を守るという「JINS PC」です。連日PCと長時間にらめっこしていましたが、眼や肩では無く、背中が痛くなってしまい、流石に対策を考えないとマズイといろいろと調べ始めたときに、CMなどで話題になっていたのが、コレでした。

度なしなら、それほど高くはないですし、会社にいる間だけなら、それほど邪魔にならないだろうと思ったのですが。
メガネをかけていた期間が長かったせいか、意外と違和感無く馴染んでしまいました…

あと、背中の痛みは和らいだ気がします、少しは効果でているのかな?
[PR]
by TLUNAR | 2012-07-26 20:48 | 日々想う事

オスプレイ配備で考える

いろいろと問題ありとされつつ、日本への配備がすすむ米軍のオスプレイ。

ヘリと飛行機を足して2で割って、性能を120%アップさせたというのが私のイメージ。
正確にはV-22といって、オスプレイ(Osprey)はミサゴを意味する機体の愛称。

開発はベル・ヘリコプターとボーイング・ヘリコプター、初飛行は1989年ですから実は20年近く経っているんですよね。機体を見れば分かる通り、かなり複雑な事をしているだけに、開発段階や量産の初期段階で機体の設計ミスや操縦ミスで墜ちたり燃えたりしています。

今回日本へ配備する上で、オスプレイを危険視する人は、こういう事故を例に「危ない」と反対していたりします。
確かに、飛行機やヘリコプターと比べれば、パイロット側の技術習得には時間が必要でしょうが、基本的に損害を嫌う軍の装備品ですから、安全対策はかなりのレベルまでに達しているとは思います。
航空機に比べて、機体のトラブルが起きやすく、ヘリコプターに比べてトラブル時の立て直しが難しいのであれば、いくら「事故率が低い」と言われても、あまり市街地の近くを飛んでもらいたくは無いですね。

逆に、このオスプレイは米軍の主力輸送ヘリCH46E(シーナイト)に替わって配備されるのだが、速度、航続距離、輸送量の全てが上回っている。特に航続距離は3,500km以上で、空中給油も可能なことから、兵員や物資を運ぶ距離が一気に広がる。

もし、これが日本の普天間に配備され運用されはじめるとしたら、嫌がるのは中国と北朝鮮です。
強襲揚陸艦以外に高速で兵員輸送が可能な手段ができたわけですからね・・・台湾や朝鮮半島の有事にも対応可能な距離ですし。

これらの国が後ろ盾になっている団体が、「反対」と叫んでもいますから判断が難しくなってきているんですよね・・・原発も、日米安保も、改憲も・・・。

正確な情報はもちろんですが、マスコミや大きな声の団体に惑わされる事無く、自分にとって何を重視して、どうなるのが良いのかをしっかりと判断して、「賛成」や「反対」をしたいものです。
それは、今秋以降に行われるであろう、国選選挙で誰に投票するかの重要な指針になるはずですから。
[PR]
by tlunar | 2012-07-24 22:17 | 日々想う事
今回のロンドン五輪はソーシャルを積極的に活用した初めてのオリンピックになるらしい、試合風景の写真とか、実況をしてはイケナイという制限付きながら、選手の個人的な日記であればIOCの公式サービスを通してtwitterやFacebookに選手が投稿できるらしい。

しかし、「オバカ発見装置」という側面も強いSNSだけに、どんなトラブルが起きるか、予測がつきませんw
その点でも、今回のオリンピックは注目ですね。

さらには、ネットでの映像配信も北京とは比べ物にならないほど充実しそう。
テレビ放送しない、マイナー競技なんかはネットで放送するらしいので、下手するとテレビよりも視聴率が取れそうな気がする、ロンドンとの時差が大きいからストリーミング以外は、オンデマンドの方が日本で観るには便利ですし・・・

民法も、NHKもネット放送は強化しているものの、メインとなるテレビ中継については、CM枠の売れ行きがいまいちということもあり、赤字の局もあるみたいで・・・さらには放送件料も値上がりが激しく、ロンドンの次となるリオオリンピックには10%の値上げが決定しているとか。

・・・オリンピックもテレビじゃなく、ネットでという時代がくるのかも知れません。
ただ、競技をしっかりと見せてくれればいいだけなのに、民放はタレントが「応援団」と称してうるさいし、選手の経歴を過剰なまでにドラマチックにしたてあげたり、日本選手の贔屓がひどすぎたりと、そもそも質がよろしくない。

そりゃ、別の映像ソースが見られれば、視聴率もさがります。
民放はそろそろ、情報をそぎ落とすという事を思い出すべきだと思います、過剰な情報は要素を薄めるだけでなにもいいことは無いはず。
みんなバラエティにするから飽きるんですよね・・・。

開幕まであと4日
日本の頑張りと、トップアスリートの共演が楽しみです。
[PR]
by tlunar | 2012-07-23 23:41 | 日々想う事

この一週間は遅かった

会社のPCの修理が終わった。

3連休というのもあって、先週末に電源を落として帰ったら、火曜日に出てきたら電源が入らない・・・4年ほど前の高性能機ですから、そろそろCPUもグラフィック系も強化したいと考えてはいましたが、いきなり使えないとなると、いろいろと困るわけで。

別のPCでとりあえず、メール環境は確保したものの過去資料ややりかけの仕事はすべてメインPCの中にあるわけで、何とかしてデータだけでも戻さないと仕事にならん。

いろいろ調べてみると、どうも電源がお亡くなりになったらしい、HDDとかマザーボードの故障じゃなくってホッとはしましたが、データが使えないのは一緒。
そこで、社内をあさって同じ型番のPCにHDDだけを移設して、まだ保証期間残っていたメインのPCは、修理に出すことになりました。

一時使用のPCは、型番こそ同じであるものの、CPUのパワーも、搭載メモリも半分というまさに緊急避難的なマシンだったので、いままで通りに作業しようとすると、ガンガン固まるという非常にストレスが溜まる状態に・・・常駐アプリを止めたり、なるべく並列でアプリを開かないようにして、ようやく今日メインのPCが戻って来ました。
古いけど、なんか物凄く快適な気がするw
これが、失ってから初めて分かるありがたみというやつですね。

・・・あとは、そろそろしっかりとバックアップ体制を整えておこう、なんかの予兆かもしれないしね。
[PR]
by tlunar | 2012-07-19 23:22 | 日々想う事

5億円ジャンボ

えらくピーキーな感じの今回のサマージャンボ宝くじ。

一等前後賞合わせて5億という金額です・・・ジャンボ史上最高額というのがウリみたいですが・・・すでに再考当選額が6億というBIGがあるので、いまいちインパクトにかけます。
そして一等が上がった分、2等は500万円に下がっています。

1等以外は、ジャンボとはいえませんなコレ・・・しかも、BIGの方が確率的には上だったりするんですよねw

いくら夢を買うものといっても、1ユニットに1本しかない4億が当たるのではと夢想するのは、ちょっと無理があるかな、同時発売の1等が2000万円という2000万サマーの方がまだ夢が見られそう。
あたっても「悠々自適」とは行かない金額ではありますが。


週末にでも、買いに行こうかな。
[PR]
by tlunar | 2012-07-12 21:57 | 日々想う事

背中の痛み

先週は、月~金でほぼ終電と、なぜかはしらねどハードな一週間でした、そのせいか、週末には背中に引き連れたような痛みが走るように。
腰が痛いというのはよく聴くが・・・背中の痛みってあまり聞かないなぁと思っていたのですが。

ちょっとググってみると、腰よりも恐ろしいことが書かれたサイトがズラズラとw

姿勢が悪い事による、筋肉の痛み以外だと、がんだの内蔵疾患だのとあまり軽く考えない方がいい、という感じで書かれていました。
まぁ、私の場合は長時間モニターと向き合っていますから、それが主な原因だと思いたいところです。


土日にゆっくりとお風呂に入ってからだをほぐしたら、すこし痛みが緩和したので、やっぱり披露による筋肉痛ですかね。
このバタバタも、今週で終わるはず。

大手を振って夏休みといきたいものです。
[PR]
by tlunar | 2012-07-09 21:42 | 日々想う事

情報のフィルタリング

ちょっと前まで、インターネットといえばいろいろなページを見たり、リンクを辿って行ったりという「ネットサーフィン」が、楽しみかたの一つでした。

今でもネットサーフィン自体は可能ですが、ネットにアクセスしていても「twitter」や「facebook」といったSNSをメインで利用しているという人も多くなってきています。

検索による結果やネット上のそこかしこにある広告もそうなのですが、特定のPCや端末でネットにアクセスし続けると、いつの間にか画面に出てくる情報や広告がカスタマイズされて、気が付かないうちに、システムが「あなたが気に入りそう」と設定された情報に数多く触れているという事態がおきます。

これは、広告を出す側にとってみれば、無駄打ちがなくなるのでありがたい話しです。
ユーザー側にとってみても、まるで興味の無い情報が出るよりは、少しでも興味がある情報が出たほうが、良いのかも知れません。
ですが、逆に言えば雑多な情報に触れる機会が減っているという事でもあります。

例えば ネットで本を買うとします。
何度か利用しているそのサイトにアクセスすれば、過去に検索したり、購入した履歴から、興味を引きそうな本や、持っている本の最新刊、同じジャンルで人気の本などがズラリと並びます。
その他にも、人気がある本のランキングなどもあるかもしれません。
短い時間で、自分に関心のある本が沢山探せるので、いいことのようにも思えます。
ただ、実際の本屋で表紙やタイトルになんとなく惹かれて買ってみる、読んでみるという「偶然の出会い」が起きる機会はグッと減ることになります。

濃く、狭い情報に触れることは大切ですが、浅く広いアンテナも情報を扱う上では重要です。
気がつけば、広告が「結婚相談所」や「パートナー探し」ばっかりになっているのを見て、ちょっと怖くなった今日この頃でした。
[PR]
by tlunar | 2012-07-03 23:43 | 日々想う事