毎日gdgdと過ごす日々


by tlunar

<   2005年 04月 ( 18 )   > この月の画像一覧

アジト購入

少し前から、クランの中でアジトを購入する話が持ち上がっていました。
場所はギランの一等地、防具屋さんのすぐ側です。

近くには、新鮮な果物を売ってたり、お買い物には困りません。
そんな、場所ですから競売の締め切りが近付くにつれて、段々入札可能なプリが増えてきます。
クラス:商人のジース閣下も、限界に近いアデナを用意。

クランチャットのミスのふりをしての、けん制やらもあって、はぐニャンメンバーも可能な限りのアデナをジースに託します。

締め切り1時間前には22Mだった価格が、30M、40Mとつりあがっていきます・・・
締め切りは28日の午前1時、リネ時間で0:00です。

リネ時間で残り10分で遂にプリが動く!
そして、その入札価格は80M!!!



しばしの時がすぎ・・・・

b0012247_027438.jpg


落札~!!!!

晴れて、はぐニャンはアジト持ちクランとなりました。
いやぁ、ドキドキしましたねぇ・・・プリの所持金にはまだ余裕があったけど・・・・

その後、早速アジトの中を探検、探検・・・・いつもはすげないメイドさんが優しかったり、ドアがパタパタ出来たりと、アジト持ちの気分を満喫して、この日はお開きに・・・

ほんとに皆さんお疲れ様でした!
これから80Mの借金を返していきましょうね!・・・・・古代スク3本分もあるけどw







アジト購入!
[PR]
by tlunar | 2005-04-29 00:31 | リネの日々
なんか、書こうと思ったんだけどね。
いざ、投稿しようと思ったら、すっかり忘れてる私を発見してびっくり。


とりあえず、思いついた事を書いてみる。

「JR福知山線列車脱線事故」
なんか、凄い事がおきてる・・・とりあえず私とは直接、間接問わず関係なさそうなんですが。
こういう事故って、複数の原因があるものなんですが、なにやらスピードオーバーと置石の可能性もあるとか・・・

「巨人は遂に5連敗最下位に、清原500号も不発」
なんとなく、清原は今年を最後にしようとしている気がするんですが・・・フロントと監督、そしてコーチと選手。みんながバラバラっぽいのがダメなんでしょうね。
なんか、一度落ちるとこまで落ちた方が良いのかも。

「1/1 スコープドッグブルーティッシュカスタム 展示」
ちょっと話題になってる「なんでもつくるよ。」さんのスコープドッグが遂に、このGW中に展示されるとの事、鉄の塊で創り上げたその、趣味人精神には脱帽としか・・・
ぜひ観にいきたいなぁ・・・ボトムズとはちょっと世代違うんだけど、リアルロボット系としては、最高峰の作品ですから。


・・・・あああ、おもいだした。
なんか、物事って偏るよねって話だった、お昼に天気が良くて公園で柏餅買って食べたら。
会社に戻ってから、お茶請けで柏餅が出てきた。
たいしたこと無いですね、今日は頭が働かないので寝ますw
[PR]
by tlunar | 2005-04-27 01:19 | 日々想う事
b0012247_23301520.jpg どうですか、題名だけでもかなりそそられませんか?

これは、 「いまだに街で見かけるさおだけ屋さんは、どうして潰れずにあるんだろう?」という疑問からスタートして、一般の人たちにはあまりなじみのない「会計学」についての解説をしていきます。
著者の山田真哉さんは公認会計士という立場から、会計というものが扱う「数字」についてを、やわらかく読みやすい文体で解きほぐしてくれます。

表題にもなってる「さおだけ屋の謎」だけでなく、一般企業における会計的なお金の流れや、一般家庭における会計的思考の活用法など、知ってみると今までとは違った観点からものが見れるようになります。
会計の入門書というよりは、入門書を読む前の準備運動といった感じの本なので、そんな難しい単語は出てきません。資本主義社会で生活していく以上、会計と私たちは切っても切れない関係にあります、この本をよめば、そんな世の中の仕組みに一歩近付く事が出来るかもしれませんw

このほかにも著者は「女子大生会計士の事件簿1~3」という本も書いてます、こっちは完全な娯楽小説ですが「会計監査」という世界を舞台にしたミステリ風のお話です、こちらも読むと会計の事に興味が出てくる事請け合いです。
[PR]
by tlunar | 2005-04-24 23:55 | BookReview

4Games合同イベントUB

最近NCJもイロイロと動いているようです、利用規約の改定(一部ですけど)に季節イベントで日本独自アイテムの追加と、ユーザーにとって楽しみなUpが続いております。

そんななか行われたのが、PCゲームのポータルサイト「4Games」との合同イベント、特別UBでした。サイトで募集したPCのみが参加できるこのUBは、通常のUBとは違い出てくるモンスターも順番も別という事でした。
開催場所はギランコロシアム、参加キャラクターはシリウス内でも上位にいるキャラがほとんどです。
時間前に観戦モードで会場へ、そしてイベント開始時間。

b0012247_1584293.jpg

おお??

b0012247_1581946.jpg

GM光臨!!
長い事リネやってますが、生GMはじめて見ました、瞬間移動と思えるほど動きが早いですねぇ、ヘイスト+BP使用のバフォナイト以上かも・・・

GMが三人出てきて、共同開催の4Gamerの方も白ネナイトでご挨拶。
そして3stage(5分)+ボスのイベントUBがスタート!

【第一ラウンド】
b0012247_15132457.jpg

さすがにシリウスでも有名人が揃ってるだけあって、キャラクターが強い。(しかも、一時的にほとんどのメンバーが同じクランにJOINしてますし)かなりのモンスが一気に湧いたにも関わらず、あっさりと殲滅。
補給用の宝箱が湧いて、続く第二ラウンドもあっさりとクリア・・・

GMも「強いですねぇ」とのんきな発言をしておりました。

【第三ラウンド】
b0012247_15173243.jpg

これでもかというぐらいの、タフなモンスが山盛りにw
それでも、ほとんど危機らしい危機もなく(2人ほどエルフがやられてましたが)あっさりとボスタイムへ・・・

【ボス】
b0012247_1519521.jpg

グリムリーパー!!!
うわぁ、はじめてみたよ・・・・参加者もこれには驚いた様子でした。

でも
b0012247_15205740.jpg

あっさりとBOXされて・・・・


3分も持たずに、グリムエンド・・・・あっさりすぎだw
参加者が強いのか、グリムが弱いのか・・・・まぁイベント用のステなのかも知れませんが。
そうして、最後は参加者のみんなが、GMと一緒に記念撮影して終了してました。

GMせっかくきたんだから、GMだけが使用できる、一斉G-ヘイストとか、一斉アーススキンとかかけてみて欲しかったなぁ・・・
なんか、グリムがあっさりと倒れたせいで、締まらない最後でしたが、これからはGMが積極的に、プレイヤーの前に出てきてくれると嬉しいですねー。








あ、そういえば最後の最後でGMにパインが決まってましたw
[PR]
by tlunar | 2005-04-23 15:30 | リネの日々

学食のよしなしごと

「学食」・・・食べてる時は、それほどとは感じなかったんですよね。
ただ、安くて、量がいっぱいあるってぐらいで。でも社会に出て、そういったものに触れなくなってみると、凄く懐かしく感じるんですよね。

それは、その当時の空気や思い出とかが、一緒になってるからかもしれませんが・・・

私の通っていた大学の学食は、基本メニューに単品の物やオプションがつけられるという物でした、そして大抵はその場ではなく、部室やキャンパス内にあるベンチとかに持っていって食べてましたw
学生課からは、「食べた食器は戻しやがれ」と警告がバンバン出されてましたがw

あとは、高校時代のおはなしですが。
私の学校は制服がなかったので、私服で通ってました。お弁当か、購買、または高校の学食で食べるのが一般的だったのですが、一部の間で流行ったのが、近所に会った大学の学食で食べるという物でした。
何しろ、大学は人数が多いですし、こちらは私服です。お昼時間になったらダッシュで校門をでて大学の学食へ入り込んで、学食ライフを満喫してましたw

高校の学食に比べて、値段は同じぐらいなのに、バリエーションが多くて量もかなり大目。
2-3人で連れ立っては、ちょくちょく食べに行ってました。

まぁ・・・その大学は偏差値の関係で学生として行くことは無かったわけですが orz

学生の身分じゃないと楽しめない、学食ライフ・・・食べられる身分のかたはゼヒゼヒ卒業までに全メニューを制覇することをお勧めします。
季節ごとに変わったり、中には限定のメニューなんかもあるかも知れませんよ。
調理の方と仲良くなれば、裏メニューも出てくる可能性がありますしね!

Swallows' diary~real or lineage~:カレー(大盛) \330
[PR]
by tlunar | 2005-04-22 22:17 | 日々想う事
いまだに木曜の深夜に何もないというのが、チョッとさびしいですね。

今週の舞-HiME関連のニュースと言えば。

「舞-HiME」Project NEXTステージ 企画決定! 公式情報

最終話に不自然に出ていた娘が、次回作の主人公「アリカ」だそうです、風華学園という舞台と時間軸を共にするお話になるのか、それともまったく別の物語で最終話にカメオ出演しただけなのか・・・いずれにしても、再び舞-HiMEを産み出したスタッフ達による物語がまた楽しめそうです。
詳細がわかるのは今年の夏ぐらいですかねぇ・・・

DVD最終巻の26話はTV放送でカットされたシーンを加えたディレクターズカットVerで収録

こっちも大きい話題、尺が足りない、詰め込みすぎ、説明して欲しいという最終話。やっぱりかなりのシーンがカットされてた様子・・・出来れば後半の18話あたりからをすべてディレクターズカットでやってくれませんか、サンライズさん(ムチャ
こちらも、発売は秋が始まる9月後半、この頃にはNextステージのプロモーション映像がおまけでつくとかないかしらw

さて・・・来週は何をやろうかなぁw
[PR]
by tlunar | 2005-04-22 00:38 | 舞-HiME

お部屋の中に星空を

170万個の星を映すプラネタリウム「メガスター」を知っていますか?

プラネタリウムには2種類の方式があります。
光学式とピンホール式です、ピンホール式は光源を球状に覆って、その覆いに星の大きさに相当する孔を空けて光を出す方法です。安価ではありますが、光が拡散するので星がぼやけてしまうのが弱点です。
もう1つの光学式は、光源そのものに恒星の光の強さに相当する孔をあけて、原版をつくり、レンズの要領で星を映し出すものです、これは非常にきれいな星像を結ぶのですが、生産するのが難しいので大きなプラネタリウムにしかありませんでした。

それを、個人で自作してしまい、さらには世界最高レベルにまで高めたのが大平貴之さんが作った「メガスター」です。(公式サイト)(凄く重いので注意)

私は中学の時に天文部だったこともあって、プラネタリウムに行ったり、夜空を眺めたりすることも多かったのです。
もっとも、中学を卒業するとその機会もパッタリと途絶えてしまって、星空を眺める機会もグンと減ってしまったのですが・・・・

「メガスター」を造った、大平さんとセガトイズが共同で家庭用プラネタリウム「 HOMESTAR(ホームスター)」を発売すると発表がありました。家庭用としてははじめて光学式を採用して、1万個もの星を映し出すそうです。
発売は7月7日七夕の日、値段は2万弱ですが・・・星空を手に入れられると思えば、安いものですよね・・・Amazonで予約受付をしていたので、迷わず購入w

今でも、時々夜空に目が行くことがあります、私は都心にすんでいるので当然の事ながら星が見られることのほうが珍しいです。
それでも、よく晴れた日にはチラチラと光る星を見ることが出来ます、星空を眺めていると、なんかすーっと気分が落ち着くような感じがするのです。それは、中学生という多感な時期に受けた影響なのか、星空にそういう力があるものなのかは判りませんが。

まぁ、本当は空気がきれいなところに住めれば、降るような星空は今でも上空にいつもあるんですけどね。
[PR]
by tlunar | 2005-04-20 22:05 | 日々想う事

引退式

今日は、はぐれニャンコ血盟の古株「のりのりえる」さんの引退式でした。
仕事の都合もあって、最初からは参加できなかったのですが、クラン外の人も来て、にぎやかに終了する事が出来ました。(昨日はアデン中をクラハンで巡ったそうです)

今日は模擬戦でした、話せる島のコンバットゾーンを使って、エルフ対ナイトとか、前衛対後衛とか・・・リネから完全引退との事でしたので、にぎやかに終わらせるつもりでした。

ところが、邪魔する人は何所にでもいるもので・・・入り口付近をウロウロしながら、弓矢を射掛けてくる変なエルフが1人。
あんまりうるさいんで、入り口付近にいるのを確かめて、PKしてみたら・・・・見事なまでに赤トラに引っかかりました orz
しかも、今日引退するのりさんまでも・・・・
なんか、最後にケチがついてしまって・・・なんだか後味の悪い模擬戦になっちゃいました。

その後、ギランの宿屋に場所を移して、最後のお別れをいたしました。

b0012247_2274833.jpg



リネからの引退、簡単な様で凄く難しく、勇気のある決断だと思います。
私はまだ、リネから離れることは無いのですが、一足先に旅立っていったのりのりえるさんにとって、リネでの出来事が少しでも、いい思い出として残ってくれていれば良いなと思います。
なんとなく、疎遠になって、なんとなくやめてしまうよりも。
リネという中であれ、せっかく関わった仲間ですから、気持ちよく送り出してあげたいですものね。
本当に、今までありがとうございました。
そして、これからもよろしくお願いいたします。
[PR]
by tlunar | 2005-04-20 02:33 | リネの日々

「弱虫日記」 穂月想多

b0012247_2257257.jpg今日はお気に入りのコミックのご紹介。
「弱虫」「弱虫2」「弱虫3」というシリーズものが、新しい名前で新連載されたものです。

物語は身も心も弱い「弱虫」(右の白いもの)、それとは逆に身も心も強い「強虫」(左の青いもの)そして、彼らの飼い主である山田花丸との命ギリギリの穏やかな日常を書いたホノボノ作品w

特に何が起こるわけでもなく(弱虫がその弱さのために、常に臨死体験をするぐらいです)、出てくる人はみんな、ポワポワとした良い人ばかり(変な人や生物ばっかりですけど)。

作者の穂月さんの絵柄とお話が凄く良くマッチしていて、ちょっと気持ちがトゲトゲした時に読むと、そんな気持ちをゆるーく溶かしてくれる、そんな魅力的なキャラクターと空気を持った作品です。




あ、言うまでもなくギャグマンガですw
[PR]
by tlunar | 2005-04-17 23:28 | BookReview
満開だった桜もすっかり散って、あっさりと葉桜に。
狙ったかのように雨が降ってしまい、桜吹雪も今年は楽しめませんでした。

おかげで、週末のお花見の予定は消えました、まぁ、遊びには行くんだけどねw

なんか・・・今年はいまだGWの予定が埋まっておらず、ちょっと焦り気味です。
いや、焦る必要は無いかも知れないけど・・・
最近になってちょっと春愁を感じているんですよね、心がふわついて落ち着きません。
かといって浮かれてるというのではなくて、中心が定まっていない感じなのですね・・・

職場の人が立て続けに辞めちゃってるからかも・・・今年に入ってもう6人目です・・・・
会社が危ないわけではないのですが・・・ちょっと疲れてるのかなあ。
[PR]
by tlunar | 2005-04-16 00:19 | 日々想う事