毎日gdgdと過ごす日々


by tlunar
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2004年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧

初雪だぁ・・・

昨日ようやくお仕事が終了。
翌日から大掃除だぁ、と張り切ってたんですが・・・朝起きてみると小雨が・・・

多少の雨なら仕方ないかなぁと思っていると、気温がドンドン下がって行くとともに
白いものがちらほらと・・・数時間後には立派な初雪となりました。

東京では平年よりも4日ほど早い降雪だそうです。
暖冬が続いてきただけに、寒さが身にしみますがw 自分が外に出ないとなると「もっと積らないかなあ」などと無責任に思ってみたり。

お掃除するには、ちょっと向かないお天気でしたが。
[PR]
by tlunar | 2004-12-29 23:42 | 日々想う事
クリスマスにも関わらず、いつもと同じ生活を続けていたのですが
今日、家を出るときに何か忘れているような気が・・・




・・・・・




・・・・・・・・・・




・・・・・・・・・・・・・・・・





クリスマスイベント今日までじゃあないか orz
せっかく全部のキャラでチケットもらったのに、フライングでGetした1人分だけでした アヒャΣ(゚∀゚)
やっぱり、少しづつでも繋がないと忘れちゃうね・・・
1日1回はリネに行くようにしよう・・・EP3が来ても関係なさそうで、最近微妙にモチベーションが落ちておりますw

さくっとM級のレアでも出れば良いのになぁw
[PR]
by tlunar | 2004-12-28 15:01 | リネの日々
もう出ないかと思っていた、星海シリーズの最新刊が発売されました。
ただ、内容がいままでの星海シリーズと微妙に違うのは・・・これだけ間が空けば仕方の無いことなんですかね。
このシリーズは、宇宙エルフとも言うべき種族アーヴのお姫様「ラフィール」と、突然星間種族の貴族になってしまった少年「ジント」(戦旗シリーズでは青年ですが)の交流を中心とした物語です(かなり偏った紹介w)。

SFモノらしく、ルビ言葉や専門用語がいっぱい出てきます。
そして人間よりも優秀で美しい種族が宇宙を支配していく物語ですので、そういったものを受け入れられるのであれば、ぜひ「星海の紋章Ⅰ~Ⅲ」から読んでみてください。

レビュー(微妙にネタバレ含みます)
[PR]
by tlunar | 2004-12-27 17:31 | BookReview
いよいよ、物語も2クールの最終話を迎えました。
今回は萌えアニメである以上はずせない、主人公達の恋愛模様が描かれます。
果たして、副会長黎人さんと舞衣はいきつくとこまでいっちゃうのか、漫画版ではハーレムの主人公の楯はかませだったのか・・・
少女マンガでは良くある「学園一の眉目秀麗、成績優秀、スポーツ万能」な完璧超人とヒロインがくっつく設定を萌えアニメでやっていいのかサンライズw
と、いろいろと次回予告(このアニメでもっとも当てにならない情報源w)にやきもきさせられての一週間でした。

--------Story--------------
アリッサ、深優と決着を付けられなかった舞衣。打開策を立てられぬまま、何かに感づいてしまった祐一との関係も噛み合わないままだった。そんな折、舞衣は風華の地で大きく催される「魂響の祭」に黎人から誘われる。心迷うが断る理由もなく承諾する舞衣。祐一もまた、詩帆に誘われ祭に来ていた。いつもとは少し違う様子の詩帆にすこしどぎまぎする祐一。
 一方、なつきは一番地の施設へ侵入し、そこで信じがたいものを目にすることになる。
-----------------------------

More
[PR]
by tlunar | 2004-12-24 11:44 | 舞-HiME

短時間短時間

NCJからメールがきました。
「接続期限が近づいてきています」

そういえば、スタンダードコースだったよなぁと確認してみると残り「3日」
最近は接続しない日のほうが多いんですよね・・・・ということで

タイムチケットへ移行しました。

その勢いでチョコっとIN~クリスマスのアイテムもらうのが目的です。
なにやらバグがあるようなので、ハイネでオークサンタを見てみると・・・・確かにダブってますねw
1人はクリスマスアイテムの販売のみですが、もう1人はチケットとプレゼント交換の選択肢が出てます。

46Wizで交換!

「古代クリア20個」

あとはクリスマス以降のお楽しみ~w
チケットと一緒に出たクリスマスコイン、凄い性能良いです。
通常のHP、MP回復にそれぞれ+2してくれます。

重量47%以下で狩してるとちょっぴりDEな気分が味わえます、Lv10以上なら無料でもらえますから初心者には凄く嬉しいプレゼントだと思います。
指輪が2個とも埋まってる上級者にはいまいち使いにくいですしね。

で、4人分のプレゼントをもらって終了~・・・ほとんど狩りしてない^^;
まぁ、呼び出しがかかったのでしょうがないです。
今年はもうレベル上げるのは無理っぽいなぁw
[PR]
by tlunar | 2004-12-23 00:10 | リネの日々

久々のIN そしてチルw

DQもだいぶ進みました、カジノが出来るようになったのですが・・・ポーカーが無くなってダブルアップが消えてるーTT

ルーレットは・・・微妙だなぁ、あんまりピンときません。
今回はお金が貯まらないので、新しい武器や防具が買えないのがちょっと辛いですw

で、リネにもこの土日で4時間ほどINしました。
なんか月夜の兎が所属しているクランでは、メンバーが知らない人ばっかりになってる・・・新人さんがいっぱいはいったらしいです。

で、ちょっぴりINしてハイネクラハンに参加、時々は湧きましたが全体的にマターリと終了。
1時間ぐらいで用事が出来て落ちました。

翌日の日曜日は帰宅して10時ぐらいからやっぱり月夜の兎でIN。
最初はスケガ連れて侵攻路~1Fの広場がギュウギュウだったので2Fに降りて宝箱探索w
1個目・・・POT詰め合わせ(赤P3クリア7GP5)
2個目・・・空

で、3個目の途中で広場から流れてきたらしいWIZとレンジャーの集中砲火で1END・・・
久々で帰還のタイミング忘れちゃったかなーと思いつつ、DVCに狩場を変更。

この時実はサブのノートでINしてたんですよね・・・ほらノートだと寝ながら出来るじゃないですかw
3Fに降りてBOX中に切断・・・ぎゃあああああせっかくLv47だったのにまたレベルダウン~  (泣
何かこのレベルは呪われてる気がします・・・復旧もバカバカしいので、コッソリと戻そうと思っていたら、クラハンのお誘いが。
気分を変えようとDE、ナイト、ELF×2、私の5人編成でDVオーガ狩り。
皆さんレベル高いので私すること無かったりw
で、DVCの入り口でそろそろ落ちます~とか話していると2ドレが湧いた!
ああああ、まったりしてたから、スキン以外のエンチャが全部消えてる!
とりあえずヘイストかけて、エルフさんがFA取ったのを見てF-Sを撃ちながらG-Hをとか思ったら・・・いきなり2タゲがこっちにキター・・・・POTすら間に合わずEND。

そのまま倒れていると、まもなくドレEND。
「ドレイクがサファイアをくれました」
ドレからの初Drop・・・・あんまり嬉しくない

PTメンバーがC-Dai、他の人がC-Zel出してたのでドレのうちでは当たりっぽかったです。
結局1日で3END~ ただいまLv46の90%・・・やっぱり少しカンが鈍りますね、そうに違いないです・・・あぅぅ、またコツコツやらなきゃ orz
[PR]
by tlunar | 2004-12-19 00:05 | リネの日々
こんなに入れ込んだ久々のアニメ舞-HiMEも第1クールの終盤でひとつの山場を迎えました。
当面のHiMEたちの敵が判明、新たなHiMEの覚醒、舞の一応の決意、そして学園ないの様々な人間模様が描かれた、第12話感想です。

--------Story--------------
オーファンを目撃し、襲われていたあおいを助けようとした折、HiMEとして覚醒したが、自覚できていない紫子。「重要参考人」として執行部の遥たちに連行されるも、混乱したまま、口をつぐむばかりだった。
 身近な友人が襲われたことに、いよいよ決意した舞衣は、自発的にオーファンを倒そうと動き出す。別口で騒動の根源を探っていたなつきは、アリッサがその元凶であることを突き止め、教会地下へと足を運ぶ。その拘束を試みたなつきだったが、深優によって捕獲されてしまう。
 当てもなくオーファンを探す舞衣の元に、一通のメールが届き・・・。
-----------------------------

More
[PR]
by tlunar | 2004-12-17 08:10 | 舞-HiME
もともと「規則正しい生活」とはいえなかったのですが。
最近段々と乖離が酷くなってまいりました・・・

いや、基本はあるんですよ?
出社は毎朝10時だし・・・・ってそれだけだなぁ。

朝ご飯は食べないし。
決まった休み時間があるわけじゃないから、お昼は何時も14~16時の間だし(下手すると食べない時もあるし)。
夜は何時も10時過ぎだし。
寝るのは2時近いし。

そのくせ、体重は増えつつあるのはどういうわけなんでしょうか?
やつれてもおかしくないのになぁw

・・・睡眠時間削っているのはドラクエだったりしますが、ダメじゃん私w
[PR]
by tlunar | 2004-12-14 00:08 | 日々想う事
現在遊んでいるDQ8システム的には、シナリオを重視して物語を追っていくタイプなのですが、その縛りが非常にゆるく、いくらでも寄り道をしていられる、そんなゲームに仕上がっています。

DQとFFというのは、いろいろなところでよく比較されていますが、一番の特徴はDQは主人公がしゃべらない、FFはキャラクターが勝手にしゃべる、というところにつきると思います。

DQは1から一貫して主人公のセリフが出てきません、事情を話す時も「○○○は事情を説明した」などと出るだけで、どういう口調で何を話したかはプレイヤーの想像に任されています。
イベントなどにおいても、主人公を操り、キーとなる人に話しかけないと始まらなかったりと、プレイヤーが自主的に行動を起こすことがメインとなっています。

コレは、近年のRPGにはなかなか見られない特徴です。
大抵の主人公となるキャラクターはちゃんとした性格を持ち、自分の意思で言葉を発して物語の中を進めていきます、プレイヤーはそのキャラクターに同感したりしながら、他のキャラクターと向き合うわけです。
ところが、DQでは主人公の性格付けはほとんどされていません、基本的な設定と能力が与えられているだけです、主人公らしいセリフも言いませんし物語を勝手に引っ張っることもありません。
主人公の性格付けはある程度プレイヤーに一任されているのです、コレはDQの1から引き継がれてきている特徴のひとつで、TRPGの特色を引き継いだDQらしさだと思います。

今回は見た目こそ、3D空間と頭身の高いキャラクターで大きく変わっていますが、ストーリー面においては、ファミコン時代のDQに非常に近いものになっています。
物語を見せる最近のRPGとは少し違う、物語世界を楽しめるRPGといった感じでしょうか。

とりあえず物語が中盤を過ぎて、終盤へと差し掛かるところまできました。
一度入ると平気で3-4時間過ごせてしまうので、恐ろしく廃人度が高いのですが・・・この冬はある程度このゲームと心中することになりそうです。


リネは・・・なるべくこまめに行くようにいたしますw
[PR]
by tlunar | 2004-12-12 00:44 | 日々想う事
放送予定が2クールの舞-HiME
物語のターニングポイントを迎えて、シリアス度がぐっと高くなりました。

------story--------
学園に蔓延する吸血鬼の噂。なんでも女生徒が襲われ、血を吸われているという。学園内の治安を慮(おもんばか)り、執行部の遥や雪之は対策本部を設置する。学校に忘れ物を取りに戻った詩帆に付き添う祐一。学内の噂を気にしながらの帰り道、二人は巨大な何かに襲われる。日頃のもやもやが溜まっていた舞衣は、命を連れ、近くの森林公園に遊びに出かけるが・・・。
---------------------

今回はキャラクター同士の関わりと立場について伏線が張りなおされた回でした。
舞衣はHiMEという力をどう使っていいのか悩んでいます。
普通の女子高生がいきなり世界を救う力だといわれても、ピンと来ないのは当然でしょうし
それまで巧海のために頑張ってきた舞衣にとって、自分が思うとおりに強大な力を使うという感覚は無かったと思います。
今まで舞衣のであったHiMEたちは、良かれ悪しかれその力を自分が目指すものを得る為に躊躇無く使っています。
力はあるのに、どう使ってよいのかわからないことへの苛立ちが今回の舞衣の根底にあります。

男性側の主人公の楯も何かが動いていることに、苛立ちを隠しきれません。
それまで、やや無気力な楯は舞衣と出合ってからというもの、HiME同士の戦いやオーファンの襲撃を受けることで、平穏だった生活の裏で何かが動き始めていること、それに舞衣が関わっていることを感じ取っています。
自分が襲われたことよりも、気になる異性である舞衣が関わっている何かを解明すべく楯は舞衣に疑問を直接ぶつけます。

HiMEの調査のために動いている教会勢力は神父とアリッサ、深優では微妙に立場が異なっていそうな雰囲気です。
しきりに出てくる「黄金時代」という単語が意味することと単語だけ出てきた「シアーズ財団」がどのように関わってくるのかが、中盤の山のようです。

理事長と炎凪のラインは今回の教会勢力に関しては静観の構え、一番地の先方である凪は相手の手のうちを知ることを第一に考え、HiMEでないものが犠牲になるのはかまわないと言い放ちますが、理事長は生徒、そして学園を守ることを優先させたいようです。

生徒会も執行部はやや暴走気味ですが、会長にはなにやら裏がありそうです。
女子生徒が襲われるということに反応していたようですが、そのなぞは今回は明かされません。

なつきは一番地の迫水から今回の事件に一番地以外の精力が関わっていることを聞き出します、さらには自分の母親にシアーズ財団が関わっていることも今回判明します。
こんなにクールなのに、どうしていじられキャラなんでしょうかw
舞衣たちと関わることで、16歳という年齢にふさわしい感情を取り戻している気がします。

そして今回のメインが教会のシスター紫子
異性に免疫が無い彼女ですが、美術講師の石神に何度も誘われついに絵のモデルを引き受けます。
モデルを終えて出てきたときに顔が真っ赤でしたが・・・ひょっとしてヌードモデル?
(ここで送っていくといった石神がシスターに断られて、目を開くのですが・・・なんとその瞳は命と同じ金色、さらにはどう見ても良い人とは思えない笑みw)
送り狼を避けて、夜道を行くシスターが見上げた空にはなんとHiMEしか見えないはずの姫星が輝いています、そこに女子生徒の悲鳴が聞こえてきます。

と、上げていくときりが無いぐらい、みっしりと伏線が張り巡らされてあっという間の30分でした・・・

こういうシリアス展開の表は、執行部の暴走ップリとか、キンゲ娘のリアクションとか、先週確率した晶と巧海の秘密共有コンビとかw 猥談でシスターを動転させる奈緒とか細かい萌え要素がたっぷり詰まっているのが凄い。
さすがにコレだけの情報を扱うのと、張られた伏線を回収せずに来週への引きだったので、30分の番組としてはやや散漫な印象ですが・・・前後編として捕らえた場合はかなり期待が持てるつくりです、コレで一週間待たされると思うと、かなりきついですがw
[PR]
by tlunar | 2004-12-10 20:06 | 舞-HiME