毎日gdgdと過ごす日々


by tlunar
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:日々想う事( 1958 )

日本の向かう先

たまにはちょっと真面目に考えてみる。

今、私はとりあえずお仕事をして、多いとはいえないが安定した収入を得ている。
貯金は確かに多くはないが、幸か不幸か独りの身、食べていくには不自由はない。

ただ、私が在籍している日本という国には明るい未来がちょっと見えない。
犯罪の発生率の増加や基礎技術の流出、負担の増える税金と減る一方の社会福祉。
何より子供を生むということに不安を感じる社会が出来つつあるのが一番の問題だと思います。

日本の問題だけではないですが環境問題に、隣国である北朝鮮と中国の脅威。
そして、基本的な方針すら見えてこない政治屋と汚職官僚が率いる政治体系・・・・もう、どうにでもしてくれという感じです。

こういう社会的に不安定なときに何処にゆがみが来るかというと、社会的に弱い存在である低所得者層や子供達がまずおかしくなります。
そして、彼らを狙った軽犯罪が増えていき、その対応に警察が追われるとともに犯罪者グループによる犯罪が増加していきます。

こんなときに自分に出来ることは何があるんだろう、と最近ふと考えることが多いんです。
ひとりひとりが出来ることは小さいです、まして自分がしっかりと地に足をつけて生活しているわけではありません。
それでも、少しまわりに目を向けるだけでも何か出来ないかと考えてしまいます。
困ってる人に声をかける、選挙でしっかりと考えて投票する、ちょっとで良いから節電してみる。
そんな小さな事を、常に忘れずにやる、それで何が変わるとも思えないんですがw
この国に住む以上、少しでも良くして行きたいと考えています、影響力は本当に小さいですが・・・
[PR]
by tlunar | 2005-02-07 22:46 | 日々想う事

成人式

いまだに今日が成人式というと、ちょっと違和感がありますね。
年齢的にも振袖時期がとっくに過ぎ去った私です。

日本で一番振袖が見られる日じゃないでしょうかね、私はスーツでしたが。
問題を起こす人よりも、圧倒的にちゃんとした人が多いのですから、その部分をもっと民放も流すべきじゃないかなぁと思います。
それでも、高校卒業すぐに就職したのでなければ、まだまだ学生ですから「大人」としての自覚を持てといわれても難しいですよね。
実際に自覚するには成人式みたいな式ではなく、社会にでて厳しさに直面しないと無理なんですから、私もいまだに自分が大人としてしっかりしているとは思えないので、あんまりえらそうな事はいえないんですがw

それにしても、成人が多く来てくれる様にと色々な催し物をする自治体もあるみたいですが・・・そこまでして成人に媚びる理由がわかりません。
まぁ、投票権を持つ人たちになるわけですから、その事に対するロビー活動なのかもしれませんが。
[PR]
by tlunar | 2005-01-10 19:14 | 日々想う事

お正月も終了・・・

期間で言えば、約1週間のお休みですが。
なんかほとんど休んでいないような気がします、明日からは平常営業です。

休みボケにならない分、短くていいのかもしれませんが、やっぱり後1-2日はゆっくりしたいところです。
年明けから、急ぎ解決しなきゃいけない問題が山積しているので、そのことを考えたくないだけというのが正直なところですw
とりあえず最初のコーナーは2月末です(そこまで行けば一息つけそうなので)。
そこまでは、とりあえずフルスロットルで突っ込んで行きたいと思います。




まぁ、最初のコーナーでいきなりクラッシュする可能性もあるのですがw
[PR]
by tlunar | 2005-01-04 00:10 | 日々想う事

箱根駅伝

お正月の恒例、毎年見ているものに箱根駅伝があります。

駅伝に限らず、マラソンなどの長距離競技は結果だけ知っても何も面白くないんですよね。
ランナー同士の駆け引きとか、走っているときの表情なんかを見ていないと、面白さが半分以下になっちゃいます。

というわけで、朝の8時から12時半ぐらいまでは、なんとなくTVを見ているというのが、ここ数年のお正月スタイル。
今年も、ドラマチックな展開があって見ている側には面白い箱根です。
私の大学は箱根とまったく絡まなかったので、学生時代は箱根とはまったく関係なかったのですが、これって運営も学生がやっているんですよね・・・毎年凄いと関心してしまいます。

今年は三が日が終わると、すぐに仕事が始まるので何処にも行かずに正月休みが終わりそうです・・・
[PR]
by tlunar | 2005-01-03 02:45 | 日々想う事
あけましておめでとうございます。

すごいなんとなく始めたBlogですが、なんとなく3ヶ月も続いて無事(?)年を越すことができました。

年明けから、いろいろとやるべきこと、片付けることがいっぱいあるような気もしますがw
今年の抱負を言い逃れできないWeb上にさらしてみようかと思います。

題して2005年の私の抱負
「1つ 足元を固めること」
「1つ いろいろな人に会いに行くこと」
「1つ 貯金」

上の3つを心がけようかなぁと思ってます。
足元は、今私がやっている仕事に関してです。
技術職に近いのですが、その場しのぎで特に資格とかとってこなかったんです。
ただ、今年はもう1レベル上の対応が出来ないといけないようなので(汗
その部分で、知識の裏付けと更なる向上をしなければいけないかなぁと。

2つ目は、私はもともと内向的な性格で、人と繋がることって凄い苦手なんです。
学校にいたころは、自然といろいろな人と会うことが出来ましたが、社会に出るようになると自分から動かないと、まったく出会いというものが無くなってしまいます。
人と会うことに対して、逃げずに立ち向かって行きたいと思ってます。

3つ目は金銭面です。
私は気楽な独り身ですので、もらった給料については、毎月マイナスにならない程度に使ってしまっています。
ただ、ふと気がつくと・・・何かあったときに引越しも出来ず、入院費用も満足に出せないというのは、一社会人としてはいかがなモノかなぁと思ったわけです。
目標は1000万です・・・何年かかるかわかりませんがwコツコツとためてこうと思ってます。



年始めなので、ちょっと真面目に書いてみましたw
明日からは、自分で感じた面白いことを書きなぐっていこうと思います。
今年もよろしくお願いいたします (お辞儀)
[PR]
by tlunar | 2005-01-01 19:07 | 日々想う事

初雪だぁ・・・

昨日ようやくお仕事が終了。
翌日から大掃除だぁ、と張り切ってたんですが・・・朝起きてみると小雨が・・・

多少の雨なら仕方ないかなぁと思っていると、気温がドンドン下がって行くとともに
白いものがちらほらと・・・数時間後には立派な初雪となりました。

東京では平年よりも4日ほど早い降雪だそうです。
暖冬が続いてきただけに、寒さが身にしみますがw 自分が外に出ないとなると「もっと積らないかなあ」などと無責任に思ってみたり。

お掃除するには、ちょっと向かないお天気でしたが。
[PR]
by tlunar | 2004-12-29 23:42 | 日々想う事
もともと「規則正しい生活」とはいえなかったのですが。
最近段々と乖離が酷くなってまいりました・・・

いや、基本はあるんですよ?
出社は毎朝10時だし・・・・ってそれだけだなぁ。

朝ご飯は食べないし。
決まった休み時間があるわけじゃないから、お昼は何時も14~16時の間だし(下手すると食べない時もあるし)。
夜は何時も10時過ぎだし。
寝るのは2時近いし。

そのくせ、体重は増えつつあるのはどういうわけなんでしょうか?
やつれてもおかしくないのになぁw

・・・睡眠時間削っているのはドラクエだったりしますが、ダメじゃん私w
[PR]
by tlunar | 2004-12-14 00:08 | 日々想う事
現在遊んでいるDQ8システム的には、シナリオを重視して物語を追っていくタイプなのですが、その縛りが非常にゆるく、いくらでも寄り道をしていられる、そんなゲームに仕上がっています。

DQとFFというのは、いろいろなところでよく比較されていますが、一番の特徴はDQは主人公がしゃべらない、FFはキャラクターが勝手にしゃべる、というところにつきると思います。

DQは1から一貫して主人公のセリフが出てきません、事情を話す時も「○○○は事情を説明した」などと出るだけで、どういう口調で何を話したかはプレイヤーの想像に任されています。
イベントなどにおいても、主人公を操り、キーとなる人に話しかけないと始まらなかったりと、プレイヤーが自主的に行動を起こすことがメインとなっています。

コレは、近年のRPGにはなかなか見られない特徴です。
大抵の主人公となるキャラクターはちゃんとした性格を持ち、自分の意思で言葉を発して物語の中を進めていきます、プレイヤーはそのキャラクターに同感したりしながら、他のキャラクターと向き合うわけです。
ところが、DQでは主人公の性格付けはほとんどされていません、基本的な設定と能力が与えられているだけです、主人公らしいセリフも言いませんし物語を勝手に引っ張っることもありません。
主人公の性格付けはある程度プレイヤーに一任されているのです、コレはDQの1から引き継がれてきている特徴のひとつで、TRPGの特色を引き継いだDQらしさだと思います。

今回は見た目こそ、3D空間と頭身の高いキャラクターで大きく変わっていますが、ストーリー面においては、ファミコン時代のDQに非常に近いものになっています。
物語を見せる最近のRPGとは少し違う、物語世界を楽しめるRPGといった感じでしょうか。

とりあえず物語が中盤を過ぎて、終盤へと差し掛かるところまできました。
一度入ると平気で3-4時間過ごせてしまうので、恐ろしく廃人度が高いのですが・・・この冬はある程度このゲームと心中することになりそうです。


リネは・・・なるべくこまめに行くようにいたしますw
[PR]
by tlunar | 2004-12-12 00:44 | 日々想う事