毎日gdgdと過ごす日々


by tlunar
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:レーシック体験記( 5 )

手術給付金

手術前にも書きましたが、レーシックは通常の健康保険外なので、全額負担となる手術です。
ですが、加入している生命保険によっては手術給付金の対象になります。
レーシックの正式名称「レーザー角膜屈折矯正手術」という手術が対象になっていれば給付が受けられるようです。
私も給付が受けられる保険だったので、手術の際に診断書を書いてもらって保険会社に送っておきました。
診断書には「コンタクトによる矯正の不適合のため」という名目で手術を受けた事になっています。

診断書と給付金の請求を先週末に送ったのですが、今日振り込まれていました。
思っていたよりも早く振り込まれたなぁ・・・まぁ、手術の給付金だから早くないと意味が無いので、書類に不備がなければこんなものなのかも知れませんが。

私の場合は7万円でした。

うっかり使い込んだりしない限り、手術代は10万で済む事に。
後は、年末の確定申告時に医療費控除が受けられれば、もうちょっと安くなるなぁ。
[PR]
by tlunar | 2008-06-24 20:20 | レーシック体験記

1週間診断

手術から1週間がすぎて、術後の定期診断にいってきました。
今日は眼に空気を当てて眼圧もはかりました。

その結果、特に問題もなくフラップ作成時の傷も順調に治っているとのこと。
視力は両目とも1.5で落ち着いていました。
一応禁止されていた、運動なども許可がおりました。

現在はまだ、後遺症としてのハローとグレア、あとドライアイがあるのですが、これは今ある目薬を使うことで徐々に治っていくそうです。
特に問題がなければ、次の検診は3ヵ月後でよいそうです。
その頃には、ちょうど視力も安定期に入るそうです。

1週間裸眼生活をしてみて気がついたのは、ちょっと目覚めが良くなったということです。
メガネやコンタクトの時は、それを付けるまではなんとなく全体がぼやけていて、意識もオヤスミモードという感じだったのですが・・・今は眼が覚めるとすぐにクリアな視界になるので意識も一緒にクリアになる感じになります。

逆に寝るときは、メガネをはずすというような寝るモードへのスイッチがなくなったわけですが、だからと言って眠れなくなるわけではないんですよねw

とにかく、今のところ大きな問題もなくレーシック手術はひとまず成功と言えそうです。
[PR]
by tlunar | 2008-06-21 22:44 | レーシック体験記

手術後

手術が無事終わり、視力が戻れば裸眼生活の始まりになります。
ただ、日帰りできると言っても体を傷付けていることには違いないわけで。

その傷が癒えるまでは、いろいろと面倒なことも多くあります。
最初にその事を思い知ったのは、病院から家まで帰るその道のりでのことでした。

手術後を読む
[PR]
by tlunar | 2008-06-14 23:10 | レーシック体験記

手術当日

前回の事前検査から約1か月。
直前で首を寝違えるというハプニングもありましたが、なんとか首を動かせるまでに回復、直前の検診特に問題がなければいよいよ手術です。

やっぱり眼という、復元が効かない場所だけに当日はかなりドキドキしましたが、当日の手術の経緯をどうぞ。

続きを読む
[PR]
by tlunar | 2008-06-14 20:15 | レーシック体験記
メガネが手放せなくなって、もう10年近くになります。
途中でハードコンタクトやソフトコンタクトを使ったこともありますが、寝る時のつけはずしが面倒で、結局今はメガネオンリーで過ごしています。

メガネも、裸眼で0.06と度が強いレンズが必要なので、薄いレンズで作ろうとするとお値段もしますし、全視界が良好というわけにはいきません。

その近視を角膜を削る手術で治療するのが「レーシック」です。
ちょっと前までは、ケラトームというメスで直接削っていたのが、レーザーで行うようになるのが主流になってきて、治療費も数十万かかっていたのが、十数万で行えるようになり、加入している保険によっては保障の対象になるという事を知り、裸眼生活に立ち戻るべく、受けてみようと思い立ちました。
メガネやコンタクトだと、災害時に困るかもしれないというのも一因だったりします。

今日は手術を受けるための適正検査に行ってきました。

レーシック適性検査
[PR]
by tlunar | 2008-05-11 23:07 | レーシック体験記