毎日gdgdと過ごす日々


by tlunar
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:HDD復旧( 7 )

HDD復旧記7

さて、最後の頼みの綱として頼ろうと思った会社。
それは「テクニカルステーションSKE」という所。
口コミ情報のコミュニティからたどり着けたところです。

2chでも賛否両論となっている企業ですが、担当者というか社長が「職人気質」という事で、ダメ元で頼むには良いかもという気持ちで連絡しました。
値段も最初に頼もうとしたところの1/10ぐらいですしw

実際にテクニカルサポートに電話して、話をしたのですが・・・確かに職人気質、なんというか熱い人でした。
でも、現状の多くのHDD復旧企業における欺瞞とか、SKEさんが成功報酬でない理由とか、HDDに関する技術的な事とかいろいろ話していただいて、なかなか面白かったです。
で、電話での診断結果やっぱり「復旧不可」となりました orz

最初にダメになったデータHDDも逝ってしまったシステムHDDも、ともに即断でした。
HDDがダメになった時の音だけで、「それは無理だなー」と言われてしまいました。

最初のHDDは「シャーッ」という音、システムディスクは「カチッカチッカチッ」という音がしていたのですが、それは共に「プラッタ」と呼ばれるHDDの記録ディスク面が傷ついて読めなくなっている為に起きている音なのだそうです。
こうなってしまうと、データ復旧は「無理」なのだそうです、技術側面からそう言われると「そうだよなぁ」と思えます・・・こうして数年間&1週間分の私のお仕事は、ゴミと化してしまいました。

システムデータにしても、データ用のHDDが逝ってから急ぎ別の外付けでバックアップを取り直していなかったらと思うとゾッとします。
とりあえず、日曜日に半日かけてバックアップからシステムを復旧させて、月曜から仕事ができる環境に戻す事が出来ました。

HDDから異音がしたり、読み込めないファイルが出てきていたら、バックアップソフトを使ってデータを複製しておくこと。
わかっていたつもりでしたが、まだまだ危機感が足りなかったようです。
・・・バックアップって本当に大事ですね

「HDD復旧記」 (完)
[PR]
by tlunar | 2008-03-03 19:21 | HDD復旧

HDD復旧記6

アメリカまで旅立っていたHDDが戻ってまいりました。

「復旧不可」
という肩書きとともに・・・

なんでも、記録面であるディスクに大きな傷が出来ており、ディスクの情報そのものを読み取ることが出来なくなっているとの事。
要するに、もうどうにもならない状態なので、あきらめてくださいと言うこと。

ここ数年分の仕事の情報が入っているだけに、それが鉄の塊の中で見ることが出来なくなりました・・・念のためもう1社ほどあたりをつけているので、そこに最後の希望を託そうと思います。
などと思っていたのですが。


今度はメインPCの本体ディスクが逝った!

ここ数日の深夜作業の結果がパーになりました orz

なんか呪われてる?
たしかに、今年は初詣にいってないので、その影響でしょうか・・・バックアップはとってあるけど、何でこうも立て続けに起こるんだ ( つ Д`)
[PR]
by tlunar | 2008-02-29 21:32 | HDD復旧

HDD復旧記5

本日、頼んでいた先から現状の報告がきました。

国内の施設では復旧不可能

だそうです。
HDDの情報を読み取るための部分が特定できず、HDDを起動させることが出来ないのだとか。
どうやら、かなりの重傷みたい・・・

国外の本部施設で復旧を試みる事も可能ですが、時間がさらに2週間ほどかかりますと言われました。料金には違いが無いようなのでお願いする事にしました。
ただ、復旧出来たとしてもどれぐらいのデータが復帰できるかは分りかねますとの事、また復旧出来ると決まったわけでも無いようです。

地味にデータが欲しい事柄が増えてきてるので、是非とも復旧させたいのですが・・・難しいかもしれない。
(;´Д⊂)
[PR]
by tlunar | 2008-02-18 19:22 | HDD復旧

HDD復旧記4

とりあえず、会社からの許可も降りたので復旧代金は無事Get

そして、初期検査の結果が戻ってきました。

どうも、HDDがシステム領域にあるデータを読み出せずにスタンバイ状態に
正常に移行できないのが原因のようです。
考えられるのは下記のような物理障害だそうです。

*PCBA(基盤)の不具合
*スライダー(磁気ヘッド)の損傷
*磁気ディスク表面の傷

この3つの内で、基盤の不具合であれば完全に元に戻る可能性は高いです、HDDの裏に見える基盤を新いものに変えればいいだけなので、ディスクやデータはいじらずに済みます。
また、磁気ヘッドの損傷であれば、クリーンルームでの作業は必須でしょうが、ヘッドを交換すれば再びデータを読み取れるようになるので、これもデータの復旧率は高いはず。
最後の磁気ディスク表面の傷の場合・・・これは想像がつきません。
その部分だけ埋めるってわけにもいかないでしょうし、データが何処まで傷ついているかになってしまいそう。

とりあえず、復旧を正式に依頼しました。
結果が出るのは約1週間後・・・無事戻ってくるといいなあ
[PR]
by tlunar | 2008-02-12 20:33 | HDD復旧

HDD復旧記3

システムが動いているのと、過去データも最近のものはいろいろと分散させていたのとで、ややのんびりですが、いよいよHDDの復旧が可能かどうかを調べてもらう事にしました。

郵送でも可能みたいですが、会社から近い場所にあるので直接持ち込もうと予約をいれたら、なんと週末はすべていっぱいとの事・・・そりゃ、みんな考えることは同じですよね。
セキュリティ上、HDD毎に専用の作業場を使うので、もう既にいっぱいなんだとか、安心といえば安心だし、HDDと作業場を考えると、かなり贅沢ともいえますが・・・まぁ、40万も取るんだもんなぁ(成功報酬ではありますが)。


というわけで、別の受付専用オフィスで預かるだけならOk との事だったので、厳重にくるんで預けてきました。
復旧が可能かどうかは早ければ明日、遅くても連休明けには結論が出るそうです。


もしダメだった時は・・・泣こう。
[PR]
by tlunar | 2008-02-08 20:36 | HDD復旧

HDD復旧記2

自力での復旧は今回は断念。
そうなれば、あとは復旧の専門家に任せるのみです。

しかし、このHDDの復旧の専門企業を探すのがちょっと大変。
ちょっとばかりググッてみても山ほど専門業者が引っ掛かります。

今回の選定基準としては
「物理障害に対応できる事」
「Pマークを取得している事」
「復旧リストを提示してくれる事」
「法人用の窓口が存在している事」

要するに、ある程度確実なデータ復旧が見込める所です。
それだけに値段もかかりますが、ちょっと前だと100Gなんてサイズになると
100万以上かかっていましたが、大容量のHDDが普通になってきているだけに、だいぶ値段も下がっているようです。
理論的なエラーなら数万円、物理的でも50万円未満です。

私のHDDは見積もってもらったところ、物理的なエラーであれば40万ちょっとと回答がありました・・・ほぼマックスのお値段です。
とりあえず、会社に稟議書を提出。
私の過去の仕事データを認めてもらえれば無事許可が出るのですが・・・1からやり直せとか言われると、全て諦める必要があります。
使わないデータも多かったのですが、2度と使えないとなると、非常に不便です。

まぁ、許可がおりてもデータが死んでたら意味無いのですがね。

次はHDDを持ち込んで、とりあえず無料診断してもらいます。
[PR]
by tlunar | 2008-02-04 20:01 | HDD復旧

HDD復旧記1

というわけで、会社で使用しているHDDがお亡くなりになりました。
今回の件は非常に不味い・・・

なぜなら、システムではなく、データの方だったという事。
確かに、そろそろ4年になろうかという外付けHDDでしたが。
メールデータから、普段の仕事のデータまでごっそり入っていたのが全てOUT。

とりあえずは、外付けのカバーを外してHDD単体にして別のHDDケースに入れてみましたが、何とか認識はするもののHDDの内容が見えません。
どうも、HDDの故障としては重度な物理的故障という可能性が高そう・・・

HDDの故障には「理論的エラー」と「物理的エラー」があり、故障の率でいくと圧倒的に前者が多いのです。
「理論的エラー」の場合は、何らかの原因でデータの構造が壊れて、システムが呼び出せない状態なので、ソフト的にその部分を補うなり、新しい構造を書き直すなりすることでデータを復旧することが出来ます。
これをやってくれるのが、データ復旧ソフトやWindowsのFDISKコマンドなのですが、この理論的エラーが起きる原因がハードウェアの軽微な損傷だったりするので、復旧後は早めに別のHDDに移した方がいいわけです。

そして、もう一つの「物理的エラー」は何らかの原因でディスクそのものが傷ついたり、読み取りの針側の動きを制御する部分が壊れたり、ディスクの回転がスムーズに行かない場合なのですが、原因が物理的なものだけにソフトウェアでどうにかなるものではないというのが怖いところ。
つまり、それなりの装備が整っていないと修復が出来ないのです。

今まで何回か会社の「壊れたHDD」からデータを復旧させてきたのですが・・・まさか自分のHDDで一番キッツイのがおきるとは orz

自分での復旧は無理と判断。
これからHDDの物理的な復旧が可能な業者に連絡をつけることにしました。
高いんだよなぁ・・・
[PR]
by tlunar | 2008-02-02 18:39 | HDD復旧