毎日gdgdと過ごす日々


by tlunar
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

新社会人を見ながら

研修や入社式がそこかしこで行われているせいか、昼間にオフィス街へ行く電車に乗ると、揃いの紺色のスーツを着た人たちがいっぱい乗っています。

話している内容も、学生の延長みたいなことから、会社の事、これからの配属についてなど、初々しい内容が漏れ聞こえてきます。
みんな見た目は若いですが、社会人として独り立ちをしているような感じです。

彼らの多くは、きっちりとした学生生活を送って、新たなスタートをきった人たちなのでしょう。
このあと、どれだけの困難があるのかはそれぞれなのでしょうが、ひとまず社会人としての入口にたどり着いた人たちです。

改めて自分を顧みると・・・彼らのようなスタートラインには立てず。
いろいろと寄り道というか、無駄な時間を過ごして。
ようやく、社会人としての入口が見えてきたという状態。
他人との比較に意味は無いとわかっていても、彼らがいるような場所に立ってみたかったという気持ちが出てきます。
まぁ、立てた可能性を自分から摘んできたのですから、自業自得なのですがw

彼らと同じ年齢の自分に会えたら、私は何を話してやれるだろうか?
反面教師としての役割しか、果たせないような気がします・・・
[PR]
by tlunar | 2008-04-08 23:12 | 日々想う事