毎日gdgdと過ごす日々


by tlunar
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

小麦粉の高騰

暦の上ではもう春とはいえ。
さすがに15度を超えると、いまの服装では暑いというレベルになりますね。
このまま一気に春というわけにはいかないのでしょうけど。

そして、暖かくなったとは言え、ちょっとした夜食やつなぎにはカップ麺とかに頼ることも多いのですが・・・普通サイズのカップ麺が平均160円。
凄く割高に感じますね。
コンビニだと、値上がり前から150円とかでしたが特別割引でも150円以下にならないとか・・・小麦粉の高騰は庶民の生活を圧迫しますね。
パスタも袋めんも上がっていますし、夏になると庶民の食べ物の代名詞「そうめん」も値上がりしてしまうのでしょうか。

この騒動まで知らなかったのですが、輸入小麦というのは、政府が全て一括で商社を通じて輸入をし、国産小麦よりも高く卸していたのだそうです。
そして、政府から買った輸入小麦は「使用目的限定条件付」となっているので、転売する事も出来ないそうです、国産の小麦は輸入小麦の2倍ほど(最近は輸入品も高騰してますから、もうちょっと差は小さいでしょうけど)、その差額は政府が国産農家への助成金になっていたのです。

ただ、これまで固定だった小麦の卸価格を変動制にして、国際相場や輸送費等の影響をみながら年に数回の価格見直しを行うようにしました。
これが、今回の小麦製品の値段が上がってきている原因です。
春先に上がった小麦値段が今回の見直しでさらに値上がったからなんですね。

ただ、小麦の値段が下がっても一度値上がりした価格は下がらない気がします・・・パン屋さんとかも悲鳴を上げているところがあるみたいですし、ここまで小麦製品が広がっていると、「日本人なら米を喰え」とも言えません。
それに、国産の小麦粉も万能ではなく、パンや腰のある中華麺なんかを作るには不向きだったりするそうです。

そのうち、食パンやカップラーメンが高級品となる日が来るのかもしれません。

【参照リンク】
小麦粉の流通 (財団法人 製粉振興会 )
[PR]
by tlunar | 2008-03-11 23:59 | 日々想う事