毎日gdgdと過ごす日々


by tlunar
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

著作権周りが騒がしい

最近著作権がらみでのニュースがポツポツと目につきます。

ダウンロード違法化は「やむを得ない」、文化庁著作権課が見解示す(InternetWatch)
「DRMが普及したら補償金廃止」――文化審、大詰めの打開策(日経ITpro)
「みくみく」楽曲のJASRAC信託は著作権支払い手続き円滑のため--ドワンゴが釈明(CNET)

などなど、みんな結構大ごとなのですが、いずれにも言えることは
コンテンツを利用する「ユーザー」
コンテンツを作り出す「クリエイター」
この2つが話し合いの場にほとんど存在していないという事。
会議の場や、影響力が大きいのは、著作権の「管理者(所有者じゃない)」だったり、コンテンツの配信事業者だったりと、いずれも著作権を管理したり、コンテンツを配信してお金を稼いでいる人達だったりします。

コンテンツにかかわっている数でいえば、上記の人は極少数、ユーザーやクリエイターのほうが数も圧倒的に多いというのに、一部の偏った部分の人だけで決めていいものじゃないと思います。

これらの問題が出てきた背景には、音源やコンテンツの複製が劣化無しでは難しかった頃とは違い、デジタルならコピーも配布も簡単に行えます。そして「初音ミク」のように新しいタイプのコンテンツが出て来ている中、既存の利権を確保しようと古い法律をそのままに、新しいコンテンツへ当て嵌め様としている歪が出てきてるんじゃないかと思います。

「新しい著作権管理」については、何度も見直しの必要性が問われてきましたが・・・そこに立ちはだかっているのがJASRACを筆頭とする、古いシステムに胡坐をかいている組織たち。
ただ、彼らが末端だと思っている「ユーザー」や「クリエイター」は今までよりも声を大きくするための武器「インターネット」が身近になっています。
「初音ミク」騒動がそういった既得権益へのアリの一穴になるかはわかりませんが、多くの才能が作り出す優秀なコンテンツを、正規のルートで楽しみ、その対価がクリエイターに対して正当にわたるように、皆が1ユーザーとして「著作権」の問題を考える必要があると思います。

しかし・・・金が絡むと、きれいな音楽や映像も、一気に煤けちゃうよな・・・
[PR]
by tlunar | 2007-12-20 22:26 | 日々想う事