毎日gdgdと過ごす日々


by tlunar
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

埋もれている才能

日本のネットに潜む才能は、時々なんでこんなレベルの人が?
というぐらいのレベルだけでなく、まさに「趣味」だからやれるというつくりこみで世界中を驚かせることがあります。

だてに「OTAKU」と世界共通語になってないですよ。

最近はやはり「初音ミク」ですかね。
本当はニコニコ動画に行けば、もっと新しいのとかがあるんでしょうけど・・・

なかでもこの2曲はびっくりしました・・・

【初音ミク】みくみくにしてあげる♪【してやんよ】(YouTube)
オリジナル曲としては最初のヒット作かな?ミクミクにされた人がネットでも多数いる模様w

「ハジメテノオト(Fullバージョン)」(YouTube)
不覚にも数年ぶりに涙がボロボロ出ました・・・他にもバラード系とか、ポップスでオリジナルの良い曲がたくさんあるのですが、私にとってコレは別格でした。
歌詞がものすごく心にきます、初音ミクの代表作になるんじゃないかな~とか思っています。

コレからどんな埋もれた才能によって名作ができるかが楽しみです。




もともと、日本人は職人気質なのか、こういったツクリコミ系のモノにはとんでもない才能を発揮する人が多いみたいです。
ちょっと前だとXBOX360のレーシングゲーム「Forza2」で、すさまじい数のレイヤーを駆使してのペイントカーを作ったりしてましたし。
自己満足だけの世界だったつくりこみが、2chなどの共通世界で祭り上げられ、ネットで注目される事で、より高い才能や切磋琢磨により急速にレベルを押し上げるという事があります。

日本では動画投稿サイトというよりは、違法動画のアップ先としての方が知名度が高い「Youtube」や「ニコニコ動画」、海外では自分で撮影して編集した面白動画が良くアップされていますが、日本初の生身での動画投稿はかなり少なかったのが現実です。
日本からの動画といえば、既存の楽曲に他の動画の編集で作る「MAD」と呼ばれるものが多く、オリジナルというものはやはり稀少でした。

そんななか、少し変わったソフトが登場します。
VOCALOID2:キャラクター・ボーカル・シリーズ特集 初音ミク(クリプトン)
このVOCAROIDというものは、生身の人の声をサンプリングしたソフトウェア音源で、生身の歌手のように歌わせる事ができるという、PCでの作曲をするためのDTMソフトの一つです。

その音源に人気の声優を起用して、16歳の少女型アンドロイドという設定で発売したのです。

キャラクターに惹かれて購入する人が続出し、こういったDTMソフトとしては驚異的な売り上げを記録しているそうですが・・・見た目は可愛くとも、かなり専門的な知識も必要なモノだけに、発売当初は挫折したり、既存の曲をサンプリングして歌わせるというのが多かったのですが、上げたものに「コメント」という形でレスがつく「ニコニコ動画」を起爆剤に、少しづつオリジナルの作品が生まれてきます。

それは、歌詞と曲として上げられると、他の人によってPVのようなものがつくられたり、MADというノリで編集されたりとかなりのレベルのものがアップされるようになっています。
図らずも、画と音の分業が「初音ミク」というソフトによって成立したといえます、今年の冬にはミクの妹として第二弾が発表されていますし、ちょっと前には初音ミクの2次創作画像がgoogleやyahooの画像検索から消えたりと、アイドルに必須とも言える「スキャンダル」も経験。
マスコミの洗礼もTBSから受けましたし、もはや立派な芸能人と言えるかもしれません。

こういったソフトが出てきて、ネット上で人気の曲が出てきた時・・・例のJ●SRACの方々はどういう行動にdるでしょうかね。
[PR]
by tlunar | 2007-10-25 23:36 | 日々想う事