毎日gdgdと過ごす日々


by tlunar
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

日本柔道

「ママでも金」 進化する谷(SankeiWeb)

期待のメンバーが振るわなかった柔道世界選手権でしたが、2年ぶりの復帰となる谷亮子選手が金メダルをとって7回目の世界チャンピオンになりました。
年齢と、出産のための2年間のブランクということもあり、全盛期のような全試合1本勝ちとは行かなかったものの、準決勝で4年連続でヨーロッパチャンピオンのドゥミトル、決勝では去年の優勝者20歳のベルモイを下しての優勝はいまだ王者健在と言えるものでした。

しかし、今回の世界柔道で見えてきたのは、日本柔道の世代交代が上手くいってないということだったのではないでしょうか。
今回の選手のなかで有力選手はいずれも30代、格闘技としてはすでにベテランといわれる年齢です、そしてその下の世代がいまいち育ってきていません。
世界の柔道がよりスポーツに近くなってきている今、昔ながらの「一本」を狙う柔道が合わなくなって着ているのかもしれませんが、「柔よく剛を制す」という柔道ならではの本質を伝えるためにも、日本の柔道家には頑張って欲しいものです。
それが可能だということは谷亮子選手が実証しているのですから。

最終日では、重量級の棟田康幸選手と塚田真希選手の2選手も金メダルを取りました。
最軽量と際重量だけは何とか守ったという感じですね。
[PR]
by tlunar | 2007-09-17 22:56 | 日々想う事