毎日gdgdと過ごす日々


by tlunar
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

62回原爆の日・広島

もう62年前。
私なんかが影も形もない頃の悲劇ですが、今だにその爪後は深く、後遺症で苦しんでいる人がいるという事実には、慄然とします。

冷戦時代に繰り返された原爆実験などの結果からみれば、この被害でさえ「軽微なもの」という扱いになるのが信じられません。
どこぞの防衛長官が「しかたがない」と失言したり、隣国の核問題にからんで、過激な政党では「日本も核武装を」というスローガンが飛び出したりと、日本を巡る核問題もだいぶ不安定になってきました。

国防論からすれば、日本が核を持たなくて良いのはアメリカの「核の傘」に庇護されているからだ。
という論調が必ず出てきますし、実際に「撃ち込まれたら防御法が無い」という核兵器の脅威に対して、どのような対応を取るのが良いのかという議論は、世界中でなされています。

しかし、理想論といわれようが、現実は甘くないといわれようが、「核兵器」についてだけは、日本が取るべき道は唯一の戦争における被爆国として、「非武装」を貫いたガンジーのように、どうどうと「核兵器の廃絶」を訴え続ける必要があるのだと思います。

強力な兵器を持った人間が、次に行うのは「やられる前にやれ」という思考を正当化する事です、日本でも「先制的自衛権」などという単語が流れ始めています。
戦争が遠い記憶となり始めて、再びその道を歩み始めているのかもしれません。

絶望的な太平洋戦争の終わりに落とされた2発の「原爆」
それが落とされた事への恨みではなく、それを落とす事の過ちについて、私達が記憶を語り継ぎ、廃絶へと導いて行かなくてはいけないのだと思います。
それが、非常に困難で、難しい道だとしても、人類が核によって滅ぶのを防ぐにはその道を通るしかないと思うのです。

【参照リンク】
憎しみ連鎖断ち切る強さを(時事通信)
NHKスペシャル|核クライシス(NHK)
[PR]
by tlunar | 2007-08-06 22:32 | 日々想う事