毎日gdgdと過ごす日々


by tlunar
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

NHKスペシャル「“敵対的買収”を防げ~新日鉄・トップの決断~」

世界でも有数の鉄鋼メーカー新日鉄。
その力は非常に大きいものですが、世界にはそれを上回る鉄鋼メーカーが現れていて、ヨーロッパ1位だったメーカーを敵対的買収で配下に収めて、更なる拡大を目指しているというお話。

5月1日に日本でも三角合併が解禁となり、株式交換によって外国企業が日本企業を買収できるようになったのを受けての特集でした。
経済的なM&Aと株価の上昇によって自社を拡大してきたミタル鉄鋼と新日鉄との、静かでありながら、お互いに一歩も譲らないやり取りが非常に緊迫感を出していました。

M&Aで自社の株価を上げて、更なる買収を行うというと、日本では去年のライブドアを思い浮かべます、さすがに世界企業だけあって規模は桁違いですが・・・
鉄鋼という、ものづくりの世界に経済的な論理をもって急成長してきたミタル鉄鋼と、技術力を礎に世界有数の企業にまで成長した新日鉄。
資本主義の世界で株式会社という形態を取っている以上、常に買収という行為とは無縁ではいられないでしょうし、企業が株主を省みないというのも資本主義の世界では間違っているのでしょうけど、会社を形作っているのはその会社で働きものづくりに携わっている技術者や労働者で、実際に作られた製品を買うお客を無視してしまっては、マネーゲームで株価が上がっても、初戦は砂上の楼閣にすぎません。

マネーゲームで大きくなった会社がたとえ破産しても、せいぜいTOPが逮捕されて終わりです、その過程でリストラされた労働者やその企業からの要求で潰れた下請けなどが元に戻るわけではありません。

なんども、思うことですが・・・
これからは、モノを作り出すということ。
何かを自分の手で生み出していくと言う事を、もっともっと重視していく必要があると思います。ものを作り出すことがマネーゲームに支配されてしまわないように、しないといけません。
今の社会でお金はまったく無いと困りますが、お金自体は直接食べたりするわけにはいかないのですから。

現時点までにはとりあえずミタル鉄鋼による新日鉄への敵対的買収は行われていませんが、資本金では1.5倍以上という差がある以上、いつ仕掛けてくるかは未知数で、仕掛けられてしまえば防ぐのは困難であると言うのが現実だそうです。
日本を産業を支えてきた鉄鋼業界がどうなるのか、静かな戦いは今日この時も続いていると思うと、なかなかに大変な世界ではあります。

私の手の届かない場所での戦いですけど・・・

【参照リンク】
“敵対的買収”を防げ~新日鉄・トップの決断~ (NHKスペシャル)
[PR]
by tlunar | 2007-05-08 00:02 | 日々想う事