毎日gdgdと過ごす日々


by tlunar
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

アヒルのワルツ

別冊だっく 「いっしょダック特集号」Aflac
アヒルと言えば、DASH村の村長か、医療保険のAflacダックなわけですが(強引)
CMソングとして作られたアヒルのワルツのミュージックPVがサイトで公開されています。

かわいいメロディーのこの「アヒルのワルツ」
いい歌だとは思うのですが、何かしら心の奥底にひっかかるものがあります。

お話としては「青い鳥」系の物語、幸せは遠くじゃなくって近くにあるんだよ、という事なのですが・・・ちょっと深読みすると、これは向上心の欠如じゃないか?
とも思うわけです。

歌詞の中でアヒル達が見ていた夢は、本当にかなわぬ夢だったのでしょうか。
彼らにとって夢の都は本当にその場所でよかったのでしょうか?
それが、私の心にひっかかるのです。

自分たちの夢に向かって、夢を現実のものにするべく努力をすることを忘れていなかったか、日々の忙しさを理由にしていなかったか、本当にその夢をアヒル達はかなえたかったのか・・・

今の私も、歌詞序盤のアヒル達のように、日々の仕事に追われ、自分の見ていた夢がどんなものであったかもおぼろげになってしまっています。

たしかに、自分が置かれている状況をただ嫌うことはないと思います。
今いる場所は特別なところではなく、自分はその中で精いっぱいやること、置かれている状況を最大限楽しむことは重要だと思います。
そして今の環境で得た幸せが、夢に見ていたものと比べられないようなものだったという事もあるかもしれません。
しかしそれは自分が見た夢の代替物ではななく、別ものであるはずです。

かなわぬ夢を追いかけて、身の破滅を招く人もいます。
かなわないと言われた夢を求め続けて、ついには実現させる人もいます。
それは、どちらが間違っているともいえない結果論・・・

PVの終わりで幸せそうなアヒル達を見て

「それで本当に良かったの?」

そう問いかけたくなるのは、やはり今の自分に「夢」を追いかけていないという、不甲斐無さを感じているからなんでしょうか・・・
[PR]
by tlunar | 2007-03-19 21:10 | 日々想う事