毎日gdgdと過ごす日々


by tlunar
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

アジアの今

中東、アフリカ、東南アジア・・・世界情勢で不穏な空気をかもし出している地域は数多いですが、我が日本国の隣の国々もなぜか世界の問題児ばっかりだったりします。

豊富な地下資源を盾に、エネルギー脅迫ともいえる外交を周辺諸国と繰り広げる
「プーチンロシア」

将軍様の名の下に、身勝手な理論をふりかざして世界的な頭痛の種となっている
「金日正北朝鮮」

反日の名目で日本に常に敵対し、最近は経済が危うくなってきている
「盧武鉉韓国」

経済成長とともに大量の資源を喰らい始めた、社会主義国家
「胡錦濤中国」

日本海を隔てた陸地にこれらが顔を並べている日本・・・つくづく日本海があってよかったと思います、最近の情勢はかなり厳しい状況ですが。

北朝鮮と韓国は、日本に深く根を下ろした「在日」という存在があります・・・ネットが無ければ知られなかったであろう、マスコミが語らない日本の暗部です。
もちろん、彼ら全てが悪人ではありませんが、彼らの存在する事と行ってきたことを考えると、関東大震災の時に起きたという「在日の人に対してのデマ」というのは、あながち「根拠の無かった事」とは言えなくなるのが恐ろしいところです。

中国とロシアはエネルギー関連。
地下資源を持たない日本は、必要とするエネルギーをほとんど輸入でまかなっています。
それが、中国の急速な経済発展の影響を受けて、世界各地で将来的な補給候補を中国に奪われてしまっているのです。
現時点で大量の外貨を持つ中国は国を挙げて世界中の資源の買占めを行っています。最近ではロシアの「サハリン2」や日本海での海底油田開発などが記憶に新しいところです。

日本は省エネ化や自然エネルギーなどの開発を進めてはいますが・・・どれも実用化までには程遠いのが現状。
原油や液化ガスなどはどうしても必要なのですが・・・日本の政治家の面々を見ていると、どうにも「日本の事」を考えている人が中心にいない気がします。
自民党がだらしないからといって、野党にもまともな人がいない今の日本で、流動的な今の世界情勢を乗り切れるのでしょうか?
今年は参院、衆院の両選挙がありますが・・・ベストは無理でも、せめてベターな選択をしたいものです。
[PR]
by tlunar | 2007-01-09 23:04 | 日々想う事