毎日gdgdと過ごす日々


by tlunar
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

マグロの消える日

「大衆マグロ」も高級品に?メバチもキハダも削減勧告(Yahoo!NEWS)

日本人が大好きなマグロ、庶民にはホンマグロなぞはなかなか口に入りませんが、マグロの種類を問わなければ、比較的安価に手に入ります。
そこかしこに回転寿司、握り寿司の店があり、ランチや定食にはマグロの切り身が乗り、食品売り場にはお刺身のコーナーが必ずあります。

その中でも定番ともいえるマグロ、お刺身だけではなくシーチキンとして缶詰でも様々なところで活躍しています。

そんなマグロが日本の食卓に乗らなくなるかもというお話・・・私としては、山奥の旅館の食事にまでマグロが乗る現状はどうかとも思うのですが・・・いままで日本がほぼ独占して食べてきた海の魚が世界中で注目され、争奪戦が起こり始めているというのには戦慄します。
地球は人間に比べれば非常に大きいですが、世界中の人間が同じ食事をするほどは豊かではありません。

争奪戦になり、世界の国々が高く売れる魚を求めて争奪戦をすれば、あっという間に魚は獲りつくされてしまうでしょう。
サンマやイワシ、ニシンといった安さの代名詞ともいえる魚も、漁獲量が減り今ではそれほど安くはなくなってしまいました・・・今のようにどこでもマグロが出てくる時代というのが、過去の話になってしまう日は意外と近いのかもしれません。
[PR]
by tlunar | 2006-11-20 19:13 | 日々想う事