毎日gdgdと過ごす日々


by tlunar
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

自殺の連鎖

岩手の小学校6年生の少女が自殺した事件が記憶に新しい中、福岡でいじめにあっていた中学22年生の男子が同じように教室で自殺してしまいました。
それぞれに原因があり、経過があり、このような悲劇がおきてしまったわけですが・・・数年前のキレる17歳現象や、一昔前の学校のガラス割りなど、マスコミが大きく扱えば扱うほど、こういった思春期の子供たちに関連する事例は連鎖します。

ワイドショーやニュースはこれが社会のゆがみとばかりに、教育委員会の謝罪や、いじめにあっていたことを事細かに伝えますが、それは同じような境遇の子供にある一定方向の道を示します。現状に閉塞感を覚えていれば、センセーショナルな事件を、いじめにあっていれば同じように「死」への道を・・・

成長期にあふれる力はなにもプラス方向だけとは限りません、容易にマイナス方向へも暴走します。自らの身傷つけることを厭わないだけでなく、短絡的な思考で突っ走るのです。
私自らもいじめには会いましたし、それに悩んで「いっそのこと死んでしまおうか」と考えたこともあります、幸いにしていざとなったら開き直る図太さが私には会ったので最悪の事態には至らなかったのですがw

こういった自殺や事件は必ず連鎖します、いま悩んでいる人、悩んでいるであろう人がいたら、その時はおせっかいと思われても良い、付きまとうぐらいの感じで、声を掛けてあげてください。何気ない一言がマイナスの思考から立ち直るきっかけとなるのも、思春期の特性ですから。
歳をとるとそういった柔軟性はなかなか持てないんですけどね。
[PR]
by tlunar | 2006-10-15 23:56 | 日々想う事