毎日gdgdと過ごす日々


by tlunar
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

吉野家の牛丼復活

ダイエットに良いのは脂肪の少ない鶏肉
美容に良いのはビタミンB1を多く含む豚肉

でも、やっぱり肉の王様といえば牛肉なのです。

危険部位の混入でアメリカ産の牛肉が輸入禁止になってから止まっていた吉野家の牛丼が18日に復活することになったようです。
とはいえ、本格的な復活には必要量が足りないとのことで1日限定ですが。

すき屋、松屋などのほかのファーストフード店ではオーストラリア産牛肉を使用して復活させてましたが、吉野家だけは頑なにアメリカ産牛肉を待ち続けていました。
濃い目の味をつけた「焼肉丼」とかは出してましたけど、牛丼は出してきませんでした。

私は牛肉に関して言えば、それほど鋭敏な舌は持っていないので、オーストラリア産とアメリカ産の牛肉の違いなんぞはわからないわけですが・・・アメリカ産は値段が安い分、外食産業では数多く使われていたようです、早々にオーストラリア産の表示を行って「アメリカ産」は使いませんと言い切っていた所が、果たしてアメリカ産に切り替えてくるのかどうか。
その辺の見極めが私たち消費者にとって重要になって来るのでは無いでしょうか。


今日は「叙々苑」でランチの牛丼を食べてみました。
サラダやスープが付くとはいえ、吉野家の4倍近くしました。確かにおいしいのですが、あまりにも高級すぎて牛丼じゃないような気が・・・肉もやわらかくてタレも上品な甘さなのですが何かが違う。やっぱり、あの安い筋肉で大量に作るという事も「牛丼」っぽさには重要なのかも知れません。


ただ、あんまり長く食べてないから吉野家の味を忘れてるだけかも知れないw

追記:煮込み始めて浅いたまねぎが白い時よりも、終わりに近いあめ色のたまねぎのときが私的にはあたりでした ( ゚ ∀ ゚ )

【関連リンク】
吉野家 D&C(公式HP)
吉野家、18日にも牛丼販売-1日限定100万食SANSPO.COM
[PR]
by tlunar | 2006-09-05 23:00 | 日々想う事