毎日gdgdと過ごす日々


by tlunar
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

「パイレーツオブカリビアン」を観て来ました

さすが、ブラッカイマーの映画という感じw

演出はどこかディズニーアニメを彷彿とさせますし、気軽に肩の力を抜いて楽しめました。
ただ、3作目に繋げるためなのでしょうが、エンディングはどうにも尻切れトンボ。
また、前作を見ていないと、はてなマーク満載なので、これから見に行くという人はDVDなんかで復習しておいた方がいいかも。

ジョニー・デップは相変わらず、肩の力を抜いて演技してますし、オーランド・ブルームは前作のお姫様的な立場から、頑張ってヒーロー格へ脱皮させようとしてましたし(お姫様の立場の方がオーランドのキャラは生きる気がしますがw)、本来はヒロインのはずのキーラは相変わらず男っぽいです。

今回は1本丸まる伏線状態なので、3作目を観ないと物語としては解決してないんですよね、ジョニーが役作りの参考にしたというキース・リチャーズや、アジアの海賊としてチョウ・ユンファが登場するなど、話題性には事欠きませんが・・・主演3人組の恋愛の行方もどうなるんでしょうかw

観た後で映画論を交わすのでなければデートムービーには最適じゃないでしょうか。

パイレーツ・オブ・カリビアン/デッドマンズ・チェスト(公式サイト)




ハリウッド映画としては、ラブシーンが必須なわけですが・・・ヒロインはエリザベスしかいないわけで、ジョニー演じるジャックに相手役を与えるという意味では彼女がウィルとジャックの間を揺れ動くのは仕方がないとは思うのですが、常に貧乏くじを引いているウィルにせめてヒロインぐらい上げてもいいかと思ったり。
オーランドが次回作で「ある意味エリザベスは手に入れる」と言ってましたが・・・大丈夫かいなw

そして、ジャックは今回も相変わらず自分の事しか考えていないという、善でも悪でも無い役でした、主役級がここまで自分勝手というのもハリウッド映画では珍しいかも。
彼は下手に正義感で行動したりせずに、最後まで唯我独尊を貫いて欲しいw

ウィルは前作に比べて、キャラクターに深みを出そうとする演出が多かったですね。
父親の登場や、エリザベスへの想い、ジャックとの対決に次回作では敵として出てくるであろうノリントンとの確執など、物語的にいったらジャックなんぞよりよっぽど主人公っぽいw
彼が今現在どういう立場にいるのかは、結局わからないんですが・・・まさか、まだ鍛冶屋やってたりするのかな。

最後の最後で、前作のボスキャプテン・バルボッサが登場したのはびっくりしました、なぜか不死身のままの猿が出てましたが、それと関係あるのかな?
彼も含めて、次回作は本当にフルメンバーと言う感じですね・・・ジャックは相変わらず、どこかから逃げ出す途中というシチュエーションからスタートなんだな。

そして、エンドロールの跡に流れるワンコのその後・・・やっぱりあれも喰われるのだろうか?
[PR]
by tlunar | 2006-08-17 19:25 | 日々想う事