毎日gdgdと過ごす日々


by tlunar
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

「ゲド戦記」を見た

上映前から評論家から総スカンを喰らっていた「ゲド戦記」を観てきました。
少し並んだぐらいで充分に座って観る事ができました、上映前の映画の予告集がほぼ恋愛モノばかりで微妙にへこんだりしましたが。

で、感想はというと。

新人監督の第一作目としてはこんなものじゃないでしょうか。
ジブリアニメというブランドからすると・・・「もう少し頑張りましょう」というぐらいに落ち着くかなぁという印象でした。
監督の仕事である演出面では、移動する部分などがちょっと長すぎて、ジブリアニメの動きの良さが生かしきれていない感じですし、劇場アニメとしては暗転での場面転換が多いのも気になりました。
世界の美しさを出すのであれば、もうちょっと空に透明度があってもいい気がしますし、物語の主題を語る人間がコロコロ変るのも「どうなのよソレ」という感じを受けますが。
下手すると物語がバラバラになりかねない世界背景やら、登場人物の過去描写をスッパリと切り捨てて描きたかったであろう主役2人を最後に際立たせた所は良かったと思います。
演出面で言えばまだまだ荒削りではありますが、「ハウルの動く城」よりは良かったと私は思いますw

宮崎駿という監督の影に飲まれないように、モノの見せ方や演出を変えているんじゃないかという印象でした・・・次の監督作品ではもうちょっとその辺が洗練されれば、良い作品を出せる下地は感じます。

総評すると「修作」という事になるような気がします。

「ゲド戦記」 (スタジオジブリ公式ページ)




一つは上でも書きましたが、主役2人の話にスポットを持ってくるために、各人物の背景や世界描写をスッパリ切り捨てている点。
そのために、この映画の主題である「いのちの大切さ」をとく最後のシーンでのセリフが軽い事軽い事、しかも導き手であるハイタカが言うのではなく、心の闇を克服したと描写されたアレンが叫ぶのですが、なにしろ、重厚なのはセリフだけで、見ている側はその背景も葛藤もすっ飛ばされているので共感よりも「オマエが言うな」という突っ込みのほうが先に出てしまいます。

登場人物の心の動きについては、誰か一人に絞ってでもきっちりと描写した方が物語の主題がはっきりしたと思います。
なんというか、いきなりの心変わりに観ているこっちがびっくりしますw
言わんとする事はわかるのですが、なんというか中高生の主張みたいな感じで、「・・・ほんとうにわかって話してる?」というむずがゆさを感じました。

次の問題は声優。
ハイタカ役の菅原文太はさすがベテランだけあって重みを出すのに成功していますが、この映画でのもう1人の導き手であるテナー役の風吹ジュンさんが致命的なまでに下手。
なんでこんな重要な役に棒読みの俳優を使うのか理解に苦しみます・・・こういう大作映画には声優って使われなくなりました。
最近のアイドル声優には酷いのも多いですが、本当のアイドルや棒読み俳優よりは100倍ぐらいましな声の演技が出来ると思うのですが・・・・やっぱり一般の集客力が違うんだろうか。

主役のアレン役の岡田准一さんは決して上手くは無いですが、アレンと言うボヤケた役にはちょうど良い声でしたし(酷)、もう1人の主役テルーの手蔦葵さんは演技こそなっちゃいませんが、挿入歌「テルーの歌」の存在感だけで充分であると思います。
もっとも、「テルーの歌」はキレイで存在感のある歌ではあるのですが・・・この映画の中で効果的に使われたかといえば、とてもそうは思えなかったw
主題としてすえるのであれば、もうちょっと繰り返し使うなり、テルーが歌う事についての伏線や描写が足りなすぎます。
これも、人物の背景を切り捨ててしまった弊害ですね、唐突に出てきた割に聞けてしまったのは事前のCM効果も入っているのかもしれませんが。

今度原作を読み直してみようと思います。
高校の時に読んだだけなので、だいぶ記憶がボケてますし・・・

この「ゲド戦記」オススメするかと言われれば・・・ヒマがあれば見に行ってもいいんじゃないでしょうか、ただジブリアニメと期待はしないように。
あと・・・微妙に説教臭いですw
[PR]
by tlunar | 2006-08-05 18:25 | 日々想う事