毎日gdgdと過ごす日々


by tlunar
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

著作権について

ADSLが普及して映像や音楽がインターネットに溢れるようになって、ネット上での著作権がイロイロといわれるようになってきました。
そして、地上波のデジタル放送に伴って大幅に普及するであろう言葉が、DRM【デジタル著作権管理】です。
オンデマンド形式でムービーを見たり、デジタルコンテンツをメディアに移したりするときに、制限や認証用のIDを取得させるアレです。

インターネット上は著作権に関しては基本的に「無法地帯」でした。PCというものがデータを『複製』する物である以上、PCとインターネットが直結していればコピーされてしまうのは、防ぎようがありません、そしてコピーされたものは様々な手法でネットの海に広がっていきます。P2Pでのファイル交換、YouTubeやアップローダーへのアップ、Blogや個人サイトへのアップ、etc,etc・・・
企業で著作権を無視するところはさすがに少ないですが(無いとはいえなかったり・・・)個人管理のサーバやサイトではいまだに、著作権に関しては危ないものがゴロゴロあります。
それらを『著作権』を守るため、得られるはずだった制作物に対しての利益を守るために使われるのがDRMというわけです。



著作権は、利益を得るための物というよりは、造りだした人を明確にするためのもの。

JASRACなどは「違法コピーが氾濫したからCDが売れなくなった」といいますが、音楽をDLしても良いものであればCDを買いますし、映画やアニメだって手元に置いておきたい作品はDVDを買います、対価を払う価値があるものにだけお金を払うようになっただけで、見られなかったから、聞けなかったから仕方無しに買うという行為が少なくなっただけだと思います。
さらに言えば、そういった作品はレンタルすらしなくても良いようなものであったわけで・・・

利権関係でガチガチになっていて、イマイチ印象が悪い著作権ですが。
ネットという、既存には無かったフィールドが広がる過程で、本来の「造りだした人を明確にする」ような形にきちんと整理されるようになればと思います。
ネットでは個人からの発信であろうとも、口コミのような形で爆発的に広めることが可能ともいえます。
そういった、個人からの作品であってもしっかりとした著作権保護の元で、企業の食い物にされないようにすることが、これからの著作権には重要になるのではないでしょうか。

最近では、「のまネコ」とか「モナー」、「2chブログ」なんかが著作権での話題ですね。
・・・金銭が絡んでいるケド。

【参照リンク】
「補償金もDRMも必要ない」――音楽家 平沢進氏の提言ITmedia 小寺信良のコラム
DRM 【デジタル著作権管理】e-Words IT用語辞典
[PR]
by tlunar | 2006-06-14 22:56 | 日々想う事