毎日gdgdと過ごす日々


by tlunar
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

プラネット・アース1

NHKがイギリスBBCと組んで5年がかりで撮影したネイチャー番組。
色々と内部の腐敗っぷりや、料金徴収のウヤムヤで評価を落としているNHKですが、新・シルクロードや今回のプラネット・アースといった大型の企画が出来るのも国営放送ならでは。

特にドキュメンタリー番組では、民法にも良い物はあるものの、やっぱりゆっくりと時間と資金をかけて追っていく事が出来るNHKに分があります。
さらに、こういうドキュメンタリーで一番の興醒めとなるのがCMの存在、民法ではCMの音量が大きかったり、内容とかけ離れた騒がしい物が流れたりと、15分毎に集中を破られるのですが、NHKならその心配はありません、心ゆくまでドキュメンタリーの世界に浸ることが出来ます。




昨日放送された第1集は「生きている地球」、全11集となる今シリーズのプロローグ的なものだそうで極寒の南極の皇帝ペンギンから始まり、ツンドラ地帯、広葉樹林帯、熱帯、砂漠などに棲む動物たちの姿をヘリコプターや高感度カメラで撮影した映像が淡々と流れていきます。

内容的にはそれほど目新しい物ではなかったのですが、映像的には息をのむものが多く、みていて飽きが来ませんでした。

特にツンドラの大地を移動するカリブーの大移動とそれを追うタイリクオオカミ、雨季になると現れる大湿地オカバンゴ、インパラの群れを狙うリカオンの狩り、喜望峰に群れるオットセイを襲うホオジロザメなどはその様子が鮮明に撮影されていて素晴らしかったです。

第一シリーズは4夜連続での放送だそうですが・・・毎週やってくれた方がありがたい、一回は確実にリアルタイムで見られないなコレ。
最近こういう番組はすぐBSだけで放送とかするのですが、地上波でやってくれて本当に良かった・・・

【参照リンク】
NHKスペシャル 「プラネットアース」
[PR]
by tlunar | 2006-05-08 19:22 | 日々想う事