毎日gdgdと過ごす日々


by tlunar
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

憲法記念日

情け無いことですが、私は高校・大学と学んできたにも関らず、もはや憲法の条文などは記憶のかなたで、平和憲法の第9条だけがうろ覚えで概要がわかっている程度だったりします。
1947年に施行された日本国憲法、59回目となる今年は憲法改正の動きが活発なのもあって、護憲・改憲の活動もそれぞれ活発に行われたようです。

基本的人権の尊重・国民主権・戦争の放棄

これが日本国憲法の3大基本原理、これを元にして11章103条からなる本文が書かれています。しかし、これらが施行されたのは59年も前。
当時とは日本を取り巻く世界情勢も、日本の社会情勢も大きく様変わりしています。
日本の憲法は改正のために各議院の2/3以上で発議され、さらにそれが国民投票によって過半数の賛成を得る事が必要とされています。
当然、この条件をクリアするのは容易ではなく、施行されてから今まで、日本国憲法は一度も変わっていません。

それを「今の」社会情勢、世界情勢に合わせて変えていこうというのが憲法改正論です。
戦争の放棄があるゆえに、軍隊と呼ばない自衛隊の扱い
価値観の多様化に伴う基本的人権の扱い
天皇制の有り方
太平洋戦争の直後という、ある意味で日本人がすべてひとつの方向に向いていた施行時と異なり、今は様々な理想と思惑が絡まり、どれが正しいのか、どの論がより良いものなのか、数多い改憲論が発表されて、やや混乱気味です。

そもそも日本人の大多数が「YES」と言えるものを作らなければ、変える事が出来ないのですから、早々は結論など出るはずも無いのですが・・・
日本と言う国の基本となる日本国憲法について、変えるにしろ、変えないにしろ、今日一日ぐらいはしっかり考えても良いのかもしれません。

日本国憲法 (Wikipedia)
[PR]
by tlunar | 2006-05-03 23:32 | 日々想う事