毎日gdgdと過ごす日々


by tlunar
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

WBC日本優勝!!

いやぁ・・・勝っちゃいましたねぇ。
2次予選で韓国に2敗目を喫したときは正直もうだめだろうと思ってました、あの時日本が決勝に進むにはアメリカxメキシコ戦でアメリカが2失点差以上で負けるしかなかったわけで、、あの時点で日本が決勝リーグに進めると確信していた人は殆どいなかったのでは無いでしょうか。
アメリカは勝てば当然決勝進出、かたやメキシコは勝っても決勝に進む可能性はなかったのです。

しかし、蓋を開けてみればメキシコの勝利で日本が決勝リーグに。
準決勝の相手は3度目の対戦となった韓国、このあたりから日本国内でのWBCの認知度が上がっていったように思えます。
そして、3回目にしてようやく韓国を破り決勝へ、相手は大リーグメンバーを連ねたドミニカを破った「最強のアマチュア集団」キューバ。

最終スコアこそ10-6と開きましたが、試合は緊迫感と気迫がぶつかり合った好試合だったと思います。長期間のリーグ戦で闘う事が多い野球において、絶対に落す事が出来ないトーナメント形式での試合は余りありません。
試合形式が似ているからでしょうか、決勝を戦っていた選手達はまるで夏の甲子園球児達のように輝いて見えました。
試合後の喜び方も、敗れたキューバ側の悔しさも・・・・また、甲子園の球児達と同じ瞳をしていました。

WBC自体は始まったばかりで運営機構やルール、また開催時期などまだまだ解決しなければならない問題がいっぱいあります。
それでも、世界中の一流選手が国の代表として世界一を決めた事。
競技としての野球のすばらしさを改めて見せてくれた事。
WBCを観ていた人がそれぞれの国で応援を通して一体感を得られた事。
これらは、野球という競技がまだまだ発展していく可能性を見せてくれたのではないでしょうか。

そして、第一回目の優勝国に日本がなったという事実。
MVPとなった松坂、日本を引っ張り続けたイチローだけでなく、この大会に参加した全ての選手はとんでもない財産を手にした事と思います。

おめでとう!王JAPAN!!

4月からはプロ野球が開幕します、低迷が叫ばれている日本プロ野球界がこれで盛り上がるといいなぁ・・・・3年後のWBC第2回大会に向けても。

・・・6月からはサッカーのW杯が始まるんですけどねw
[PR]
by tlunar | 2006-03-21 23:14 | 日々想う事