毎日gdgdと過ごす日々


by tlunar
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

第23話「不思議の谷のアリカ」

ついに舞衣登場ー!
前期OPのシルエットからここまで約5ヶ月・・・・長かった orz
そして、なぜだか温泉とか、温泉とか、温泉とかー!!

残り4話なのにこんなところで萌え回をはさんでるヒマがあるのかどうか・・・トモエ、シズル、チエ、マキマキに・・・前期OPで出てきた月を背景したオトメは?ガルデローベの霊廟前から立ち昇るキラキラは?そして、主役3人の素性の謎は?
本当にまとまるのか、ちょっぴり不安な舞-乙HiME感想です。

----------story----------------
激しい衝突の後、アリカとマシロが目覚めたのは、黒い谷と呼ばれる不思議な場所だった。アリカたちはそこで意外な人物と対面する。
 ハルモニウムの力を引き出し、それを開放したニナは、衰弱し眠っていた。ケガを負いながらも風華宮に帰還したセルゲイは、ヴィントブルームを制圧した際に用いたシュヴァルツの技術、その核となる存在の真相をナギに明かされ、困惑するのだった。
----------story----------------



うわぁ・・・・・・全部ミユに解説させやがったw
いや、歴史を見てきた旅人って立場からすれば便利だけどね。
アリカとニナの出生の謎もハルモニウムも全部一度にバラすとは思わなかった。

ニナ・・・ヴィントブルームの正統な王女
アリカ・・・「あの方」(アリッサ)の血をひく、レナ・セイヤーズの娘。口癖にもなっている「ばっちゃ」はアリカの本当の祖母でした。

「蒼天の青玉」はレナがニナに持たせてものの、ニナがアルタイに拾われ売りに出されようとしていたのを、ミユが回収してばっちゃに渡した物。

あんまりひねりはなかったですな・・・ミユがレナの亡骸がワルキューレの真祖として使われているのに、対処しなかったというのは、レナにはアリッサの血が流れてないという事でしょうか?
レナの旦那がアリッサの子孫だったのかな?

【黒い谷】
b0012247_11502064.jpg車で神籬の森を移動していたナツキとナオが突然霧に包まれて移動したのが、この場所でした。
ナツキはコレをみて「黒いガルデローベ」といっていたのですが・・・・どの辺が?
ガルデローベの特徴といえば真祖の眠る霊廟ですが、それとはかなり違う気がします。
ミユに言わせると、「黒い谷」は科学技術の聖地でオトメやハルモニウムもここで生み出され、そして12王戦争でハルモニウムの力により空間の狭間に漂っている場所という事になってます。

【舞衣】
b0012247_11552657.jpg

やったー、遂に舞衣がセリフ付きで登場です。
しかし・・・マスターはUnknownで自力マテリアライズできるし、エレメントは便利にお料理に使うし、相変わらずミコトのおさんどんだし・・・かわってないなぁw
オトメグラフに載っていた伝説の「使命と恋に引き裂かれた悲劇のオトメ」ってのはやっぱりガルデローベの脚色だったみたい。
b0012247_12145764.jpg

舞衣は年齢が上がっているせいか、前作よりもお姉さんって感じでした。
弟のためにオトメになろうと国を飛び出して、今のアリカのように考え過ぎるぐらい考えて、その結果この黒い谷に迷い込んでミコトと出会い、舞衣なりの結論にたどり着いたようです。

舞衣「考えるしかないんじゃないかな・・・それで間違ったら、またやり直せばいいじゃない。元に戻らない事もあるけど、でも、いつかきっとってそう信じなきゃ前に進めないから。」

アリカを導く先輩としての姿でよかった、舞衣自信が現時点で変に迷っていては、アリカの成長物語として描けませんから。

【マシロ】
b0012247_12485284.jpg

アリカやニナの出生の秘密がミユから語られましたが、その一方でマシロは「ただの人」である事がほぼ確定しました。
自らで王として立つと決めていたにも関わらず、あらためてその事実を突きつけられへこむマシロですが、ミユはマシロにアドバイスを送ります。

「人には意志があり、意思こそが人を定める。王たる者とは生まれに拠らず、自らの意志で立ち、道を定め、なさねばならぬ物をなす者」

王としての血をひいていなくても、女王として即位したのも、アスワドで難民に誓ったのもマシロです、彼女には立派な王になれるような片鱗が見えてきてはいるので・・・なんとか最後にはヴィント女王として立派になってもらいたいです。

【ミコト】
b0012247_123252.jpg

こちらもようやく顔をフルカラーで見せたミコト(人)。
各地の猫を端末にして世界情勢を把握できるようです、ハルモニウムも(影)で監視していた様子。舞衣は猫神様とか呼んでます。
ミユによれば
「水晶の姫、この世界を維持するために、厳重な制約をつけて生み出された乙HiME、乙式高次物質化能力。その元になった純粋な高次物質化能力者の最期の生き残り。」
前作を知っていれば、ニヤリとする設定ですね。
HiMEのあざもちゃんと残ってました、「炎綬の紅玉」の貴石を飲み込んだ状態で認証もできるとは・・・確かに常識ハズレですw
舞衣もナオもナツキも罠で捕らえて「得物」と称するとは・・・黒い谷の霧の中には人骨とかゴロゴロ転がってたりするのだろうかw

【温泉】
b0012247_12414177.jpg

ココに来て萌え分補給!?
前作同様にユデダコになってるミコト、同じようにゆだってるアリカとマシロ・・・彼女らは16じゃなかったっけ?小学生みたいな感じだなw
ナツキと舞衣の関係は舞衣にナツキが振り回されるって感じなんですかね。ナツキは学生時代から気苦労が絶えなかったろうなぁ。

【アルタイ】
b0012247_1311321.jpg

先週のニナとトモエの激突ですが、ミユたちは黒い谷にとばされましたが、アルタイの面々は無事だったようです、セルゲイは腹に大穴あいたにも関わらず結構元気そうです、さすがノースハウンド・・・ニナもハルモニウムか漆黒の金剛石の影響かわかりませんが、セルゲイ以上に倒れていました。
ハルモニウムを使い計画を進めるナギ、レナの事実を聞きさらにはニナの事、アリカの事で苦悩するセルゲイ、そしてオトメとしての枷に自らを押し込めて、友も想いも全てを捨て去る覚悟を決めようとするニナ。
思いつめた表情や、ナギに言われたままにハルモニウムの力を振るう姿は悲壮で決意に満ちているだけに切ないです・・・

【黒い谷2】
b0012247_13282740.jpg

ミコトの猫センサーでハルモニウムが再度使用された事を知ったナツキはガルデローベへと戻る決意をします、マシロは王として、アリカはニナを救い出すために一緒に戻るといいますが。
ナツキにまだ石の力を引き出せてないという理由で止められます。
舞衣の提案でミコトに勝てば一緒に言っても良いといわれて、闘う事になるアリカですが・・・ミコトは舞衣がローブを着ても勝てなかったそうで。
アリカは一方的に崖に叩きつけられる事に・・・ミコト強いな、ミユとどっちが上かな?
叩きのめされたアリカはミコトに弟子入り志願、マシロもジパングの姫である舞衣に王としての心得を教わる事になったのですが・・・舞衣に教わると上達するのは家事なんじゃw

シュバルツのスミスだけでなく、ナツキにも「力を引き出せてない」といわれたアリカですが、もしかするとマイスターローブの力を引き出せると、下半身が独自仕様になるのではないでしょうか、アリカの蒼天ローブは下半身はコーラルローブのままで他のローブは全て違う形になってますから。

それにしても、ココに来て主人公の修行か・・・あと2話ぐらい前に入っていると修行のシーンがもうちょっととれたんじゃないか。

<b>【ちょっと気になったモノ】
b0012247_13304752.jpg久しぶりにヨウコ先生とイリーナが出てきました、ヨウコ先生はトランクを持って単独行動、イリーナはヨウコ先生から手帳を受け取ってヤマダと共に行動するようですが・・・フミさんのシステム再起動への下準備?ワルキューレシステムの破壊?
死亡フラグじゃないと良いんですが・・・ココまで来たら殺さないよね?
トモエ、シズル、チエ、シホとかにはまったく触れていませんでした・・・・

b0012247_13384653.jpgユキノによって開かれた緊急議会ですが・・・左端にいるのは引退したはずのフロリンスのマイスターオトメのロザリーお姉さまじゃないでしょうか?
アカネは駆け落ちしちゃったし、マキマキは行方不明だわで結婚を先延ばしにされたのでしょうかw

この時ハルモニウムに攻撃されたエアリーズの基地名が「オルブライト基地」でしたw
ハルカ・アーミテージといい、ペンタゴンみたいな建物といい・・・アメリカ意識してるなぁw

【次回予告】
b0012247_1349125.jpg

音声は舞衣とナツキのコントでしたw
しかし、今回もまた映像がっ!!
遂に一線を越える気かニナっ!!!(まぁ前作21話みたいに未遂だろうけど)
土木作業に奮闘するハルカちゃんに、修行を見守る舞衣。
来週はニナの回か・・・あと3話しかないんですよねー、もう来週から全部1時間スペシャルでお願いできませんかサンライズさん(無茶)

それにしても、前作に比べるとドロドロ分が少ないのか気楽に見られますね、来週からは最終回まで一気の展開を期待してみます。
[PR]
by tlunar | 2006-03-18 13:51 | 舞-乙HiME