毎日gdgdと過ごす日々


by tlunar
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

第8話「運命の軛」

遂に来ました第8話、前作ではココから物語が動き出しHiME達がたどるBADエンドが明らかにされた回でもありました。
今のところ、死亡フラグが立っているキャラは・・・結構いるなw

それでも、このスタッフですから前作と同じことはやらないでしょう!
そして、雑誌のネタバレで次の話にアカネちゃんがいる事は確定ですからね!・・・裏で誰かが犠牲にならないとは限りませんが。
今回は前作キャラのミユとミドリの登場が有りますし、楽しみ楽しみ~

-------story------------------------
舞闘の授業をサボったため、アリカは罰当番として霊廟の掃除をさせられる。ニナ、エルス、イリーナの差し入れに感謝するアリカだったが、なぜ授業をサボったのかを問われ、しどろもどろに。ニナはそんなアリカのようすを観察することに。
 その後アリカは、先日自分の身に起こったことについて図書室で調べる。その帰り道、突然黒い影がアリカの目の前に現れ…。
-------story------------------------



・・・・濃すぎw
なんですかこの設定の説明回は!

物語としてしっかり動かしつつ、スターシステムの前作キャラを一杯出して、なおかつしっかりと後半の展開への伏線が張られていました、いよいよ舞-HiMEらしく物語が加速してきましたよ。

アバンはナツキとシズル、前回マシロ達が鳴らした「ハルモニウム」はなにやら転移するものらしい・・・ヴィントの地下にずっとあったわけじゃないのね。
そしてその存在が公になる事は、周辺国家においても一大事なようで、ハルモニウムが鳴る事は何かの始まりを示すような口ぶりでしたが・・・
アリカとマシロの契約については、解除させずに成り行き任せにするナツキと、「解除させます?」とあっさり聞くシズル、技術的に可能じゃなければ・・・アリカに特定酵素を与えてオトメの資格を失なわせるって事でしょうか。

で、当のアリカはというと舞踏の授業をサボった罰として霊廟の清掃中。
まぁ、ピアスには蒼天の青玉がついてる訳で、コーラルローブが着られないんですから当然ですな。そこにイリーナ、エルスとニナがお弁当の差し入れに来てくれます。
イリーナは珍妙なメカも差し入れにきてくれてました、そうかーイリーナはこういうキャラかw
ニナは気に入らないようですが、セルゲイに蒼天の青玉で契約してないかどうかを確かめて欲しいと頼まれてたようです。

ナツキやシズルどころか、アルタイにもばれてますか、アリカとマシロは包帯したり、絆創膏で隠してるみたいですが、いろんな所にバレまくってますねw
ニナは、セルゲイに頼まれたのもありますが、セルゲイ憧れのオトメだったレナが所有者だった蒼天の青玉にアリカが認められたという事に、敏感に反応してます・・・嫉妬ですが思い出には勝てないと思うぞ・・・。

そして、全てのオトメの祖先であるヒメノ・フミが眠っているという霊廟で遂にカラーのフミさんが(今回のスターシステム第一号)!!・・・肖像画でしたけどw

アリカは授業が終わると図書館で、オトメの契約解除の方法についての調べ物。
ただ、そんなモノが簡単に判る訳もなく、へこたれているところにやってきたのはナツキから頼まれたシズル。
憧れのお姉さまに、舞い上がるアリカ。
そして、その様子を伺うのはヤヨイ、リリエ、ミーヤの3人組と・・・トモエ!
3人が単純に羨ましがっているのに対して、トモエは・・・なんかアリカの事を嫉妬から刺しそうな感じですw
アリカは正直に話すわけにもいかず、試験勉強と嘘を付きますが、シズルも試験勉強を見てあげるといって、さりげなく尋問開始・・・
シズル「この間、大きい音がしたの聞いてました?」
アリカ「いいえっ!オルガンの音なんか聞きませんでした!!!」
思いっきりしゃべってるw
アリカはばれてないと思ってますが、きっといろいろしゃべったんだろうなぁw

そのころお部屋では、イリーナとエルスが会話をしてますが・・・エルスの父親は人工知能について研究者みたいですね・・・サイボーグやら出てきますが、何かの伏線っぽい感じ。
そして、図書館から帰るアリカの前に影が現れる!

その正体はトラベラーズハットに、ローライズのスラックス?にへそだしルックのミユ(スターシステム第2弾)!
ミユ「お久しぶりですアリカさん」
アリカ「ミユさん!」

知り合いですか!!!
これはびっくり、そしてミユの肩に止まっていた黄色の鳥にアリカが挨拶
アリカ「アリッサちゃんも久しぶり!」
アリッサ鳥確定(スターシステム第3弾w)
ミユはアリカが故郷にいるときからの知り合いみたいですね、ばっちゃとも顔見知りみたいですし、そしてミユがアリカに向ける眼差しは前作のアリッサに向けるような優しい表情です、そしてミユ視線ではアリカの髪は金色に輝いてます・・・

アリカって何者なんでしょ?
ヴィントの王族、レナの娘といろいろ推測されてましたが・・・人工的に作られた娘とかあるんでしょうか?機械にたいして何か絶対的な支配権を持っているとか、それなら1話で飛行船が動いたり、ナノマシンの制御装置であるGEMが反応したり、ナノマシンと親和性が高いという説明もつきますね・・・

アリカがミユにGEMの事を相談しようとすると、そこにやってきたのはマシロ姫w
相変わらず顔を見合わせるといがみ合ってますが、外れなくなったと言うアリカのGEMを見るとミユはあっさりと台座から蒼天の青玉を外してしまいます。
アンチマテリアライザー持ち?長く旅していることといい、ミユは今回もサイボーグでしょうか?

これで契約が解除されたと喜ぶ2人ですが、ミユは契約自体はGEMに残るといいます、そしてそれを解除するには、と霊廟がアップに・・・
翌日、霊廟にあるという禁書庫に潜入して、オトメの事を調べると言い出すアリカ。びっくりするイリーナとエルスですが、以外にもニナがそれに賛同します、どうしてもテープで隠しているアリカのピアスが気になる様子、「あなたのためじゃない」と念押ししてますが、ニナの心境は複雑ですね・・・しかし、一番反対しそうなニナが行くのであれば、イリーナもエルスも反対しないわけでw
ただ、問題はどうやって禁書庫に入るかですが・・・そんなときに頼りになるのは、そうナオお姉さま、ニナが頬を染めるバイトを手伝う事を条件に力を貸してくれるとのこと、どうやったのか禁書庫の鍵を持ってきてくれました(地味にスターシステム第4弾、前作の風花邸の鍵です)w

5人が入っていった禁書庫、そこは無数の本が並び、床に巨大な本が浮かび上がるデータベース、そしてその先にあったのは50年前の竜王戦争で死んでいったオトメたちの墓標・・・
アリカ達が呆然としていると、そこにマリアが現れて侵入がバレてしまいます。
当然のように叱責を受ける5人ですが、その時マリアの口から50年前の戦争のことが語られます、マリアがお姉さまとしてつかえたモニカというオトメや当時まだパールやコーラルだったオトメ達もマイスターとして国に召抱えられて戦場に立った事。そしてオトメは戦争となれば、敬愛し忠誠を誓ったマスターの為、オトメとして仕えた国の為にたとえ親友であっても、互いに相打つ定めであること。
マリアのお姉さまはトリアスの1人、そして彼女を討ち取ったのも彼女の同期でトリアスだったオトメ・・・マスターのために全てを捨てて、たとえ友であっても倒す覚悟があるのかと5人に問うマリア。
「あります!」と答えるニナ、彼女の脳裏にいるのはセルゲイでしょうか。
「私は嫌です!」と答えるアリカ。
そんな彼女にマリアは「ならばすぐに学園を去りなさい」というマリアですが、アリカも怯まずにそれならば戦争を起こさなければ良い、私がオトメになったら絶対そんな事させないと言い切ります。
青臭いともいえるアリカのセリフに、マリアの表情が少し和らいで「そんな事が出来ればどんなにいいか・・・」とつぶやきます、もしかしたらマリアも50年前はアリカのように考えたのかもしれません。
そして、マリアにピアスを隠している事を見咎められて・・・テープをはがされると、そこには当然GEMのない空っぽの台座がw
遂にコーラルGEMを壊した事はばれてしまいましたが、蒼天の青玉で契約したことに対してはミスリードになったかもしれません。

後日、禁書庫に入った罰として霊廟の壁面を掃除させられる5人、ナオは当然のごとくサボってますがw
今は50年前と状況が違うし、戦争なんて起きないよねと笑いあうアリカ達ですが、ハルモニウムが鳴った事で、次第に事態はきな臭い方向へと進んでいます。

ひとつはアルタイ絡み。
アロハシャツにサングラスという、とても1国の大公とは思えない格好で、お忍びでBARロールシャッハを訪れたナギ(スターシステム第5、6弾・・・ナギの格好は前作たまゆらの夜で着ていたもの、BARロールシャッハはなつきが取引に利用してた場所)

そこに待っていたのは、ジョン・スミスw (スターシステム第7弾・・・前作シアーズ諜報員)
ナギが「いきなり手紙なんて、ボクにスレイブで闘えというのかと思ったよ」というとスミスが「ちがうとも言えませんね」と意味深な発言、これはシュバルツとナギがつながってるという事なのか、貴族のスレイブ=オトメで闘えということなのか・・・
そして、その密会を伺っているのはヤマダ!(スターシステム第8弾・・・前作のなつきの情報屋)かれは今回もナツキとつながってるのかな?

そして、もうひとつはカルデア帝国
アスワド5人衆と取引を行い、エアリーズ国内にある「何か」を奪ってくるように画策します。そしてアスワドの頭領として相対するは3話でラドと行動していた仮面の人その主はミドリ!!(スターシステム第9弾)
今回はミユとは違い、アリカの敵側として登場です・・・なんか重苦しく喋ってましたが、あの明るい碧ちゃんと性格変わってるのかな?

次回はエアリーズ領内にガルデローベ御一行が行きますし、アスワドとの対面があるんでしょうか・・・基本は水着の回みたいですがw
しかし、設定の塊みたいな回でした・・・まだなんか見落としてそうだなぁ。
そして、後半は戦争が始まるのでしょうか・・・またキッツイ展開がまってそうです。
[PR]
by tlunar | 2005-11-26 19:45 | 舞-乙HiME