毎日gdgdと過ごす日々


by tlunar
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

「生協の白石さん」 著:白石 昌則、東京農工大学の学生の皆さん

b0012247_13535648.gifネットでは有名な「生協の白石さん」が一冊の本になりました。

さっそく読んでみましたが、やっぱり面白いです。
白石さんのなんともいえない「間」を感じる切り返しがステキです、もともと大学の生協内にある、生協職員と学生を繋ぐ「一言カード」と「掲示板」でのやり取りが元なのですが・・・すごーく内輪の話題というのでもなく、ユーモアあふれるやり取りが連想できて凄く面白いです。

実際に顔を突き合わせたら、絶対に返す事のできないやり取りですが。
それだけに、白石さんという絶妙のキャラクターが持つ感性が、一言カードの答えからあふれ出ています。
白石さんの一言カードは元々、彼が勤める東京農工大学のサークルのホームページがきっかけで広まりました。
そのやり取りは様々なサイトやBlogを通して広まって、本人が知らぬ間にネット上では不動の人気を得てしまった「白石さん」の困惑ぶりが、本書の独白部分でも述べられています。

しかし、何よりすばらしいと思うのは、学生達が「白石さん」とのやり取りをいまだに「のんびり」と続けている事です、悪ふざけするでも、大げさにするでもなく「生協の白石さん」とのやり取りを真面目に楽しんでいる、その事が凄くホンワカ出来て良いなぁと思います。

今では、白石さん目当てで大学に来る人も増えてきて、白石さんはネームプレートをはずしてしまっているようですが、いまでも白石さんと学生達の間では一言カードがやり取りされています。
こんな本が出てしまい、しかもベストセラークラスになってしまいましたが、いつまでも「素」のままで学生達とやりとリしていってもらいたいなと思います。



来年あたり、東京農工大の入学希望者が増えたリしてw
[PR]
by tlunar | 2005-11-16 13:48 | BookReview