毎日gdgdと過ごす日々


by tlunar
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

第3話「はじめてのケ・イ・ケ・ン」

と言うわけで、続けて第3話の感想をw
登場人物の紹介の続き、そしてオトメの戦闘についての解説の回といったところでしょうか。


ニナは昨日の自分の言動とこれからのことを思い返し、少し不安になっていた。そしてニナは、義父であるセルゲイとアリカが、かつて縁があったのではないかという疑いを覚える。
 いっぽうアリカは舞闘を控え、ひとり森の中で、おぼろげに覚えているとある歌を歌っていた。その声を聞きつけたセルゲイは、同じく記憶の中にあるあこがれの人「蒼天の青玉」だったマイスター・レナの歌声を思い出し、アリカの前に姿を現すのだった。




予告で出てきたラドの相方であるマント姿は、マイなのかミドリなのかタクミなのかとか
一瞬だけど、ユキノとでぼちんキタ!とか
シズルさんのマテリアライズカッコイイとか
カズくん出てきたー、アカネちゃんとフラグ立ってるよ!死亡フラグ?とか

前作がらみの楽しみと

14年前に起きた、あの出来事の結末はどうなったのか
ラドが探していた、ヴィントブルームの玉座にあった通路は何を示しているのか
マシロ姫は本当にヴィントの正式な王女ではないのか
アリカの母親はレナなのか
セルゲイとレナの関係は

などという、物語の謎に関わる部分

そして、アリカを舞闘に送り出す前に、基本的なことぐらい教えておけとか
各国の元首とそのオトメが集まる中に半ば殴りこみをかけたラドは無謀だなとか

ちょっぴり作画が崩れてて、心配だなぁとか、突っ込みどころもいっぱいあったわけですが。

次回予告で爆笑w
次の4話は学園への編入が認められたアリカと学園の様子を描く話らしいのですが・・・
前作の4話はあの「履いてない」の話、それに絡めたナツキとシズル、そして置いてけぼりになるアリカ・・・

相変わらず、次回予告をまったくしていない漫才予告・・・ただ、これ前作みてないと、本当の意味での面白さってわからないよなぁ。
[PR]
by tlunar | 2005-10-23 18:49 | 舞-乙HiME