毎日gdgdと過ごす日々


by tlunar
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

第2話「乙女の園を駆ける疾風!?」

2、3話をようやくまとめて視聴~
前作を見ている身としては、もうスタッフが仕掛けた「コレで喜べ!」と言わんばかりのサービスに大満足なんですが・・・シナリオとして考えると、まだまだ設定紹介と、伏線を張ってる段階ですね。
前作未見の人が見たとしてもそれなりに楽しめそうな内容なのは、さすがサンライズといったところですかね。
しかし、どんなに「萌えだーっ」・・・と描かれても、どこかに欝展開へのフックが無いかと探してしまうのは・・・前作を見ている弊害かもw



前回、その強さを見せ付けてくれたシズルさんですが。
アリカはその雄姿すっかりと惚れこんだ様子・・・頭の触覚をハート型にして感激してます。

今回は前作の2話同様に、ガルデローべ学園の登場人物の紹介編・・・蒼天の青玉を持つアリカを確保しようと、腹芸を繰り広げるナツキとセルゲイ。
それに手を貸したのはシズル、アリカを抱きすくめると耳に「ふっ」と息を吹きかけると、アリカは感激(?)のあまりに気絶w
現在地がガルデローべだったこともあり、アリカは学園側が確保することに。

そのアリカ、早速裸に剥かれてCTスキャンみたいな装置に寝かされてます。
検査をしていたのは前作からの引継ぎキャラである、ヨウコ先生。
オトメになりたいと、熱心に語るアリカですが・・・オトメはそうそう気軽にはなれないようで、ガルデローべ並びに各国の代表者が勤める審議会で認められる必要があるとの事・・・そして、今現在ナツキがアリカを正式に確保するべく、緊急会議を開いていると聞いたアリカはばっちゃの教えに従って、審議会に直訴するべく、裸にシーツ一枚で部屋を飛び出していきます。

・・・今回は「履いてない」のは2話ですか?

そして、ここからは前作のキャラが続々と登場。

妹属性が消えた詩帆はシホ・ユイットとして、お嬢様+腹黒属性となって「まきまきする」という、謎の呪いをかけるキャラとなって登場w
うる星やつらのランちゃんを彷彿とさせる、その腹黒っぷりは見事です。

メガネが消えて、より宝塚のお姉さまっぽくなったチエさんに、歳が上がったのと、暗い設定が無くなったせいか、普通にちょっと意地悪な姉御キャラになったナオ、ガルデローべの先生として今度は神様ではなく神祖さまを信奉しているらしいユカリコ先生などなど、アリカが学園内を走り回るのにあわせて、前作キャラをメインに紹介していきます。

最後は、審議会の場所にたどり着いたアリカにたいして
「君さ、オトメになるためだったら何でもできる?」
と、不吉なセリフを吐いたアルタイの大公となったナギ・・・

そして審議の結果は、ナギの提案によって、処罰のために独房に入れられていたニナと学園に入りたいアリカが、マシロ姫の即位式に「舞闘」を行い、その勝者が学園に残ることに・・・

まったくの素人をいきなり、闘いの場に出すのはいかがかと思いますが・・・
どちらも、学園に残ることにはなっているので、舞闘の最中にまたシュバルツが乱入、共に危機を救って両者が学園に残る事になるんでしょうか。
[PR]
by tlunar | 2005-10-23 18:25 | 舞-乙HiME