毎日gdgdと過ごす日々


by tlunar
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

2日遅れのおめでとう

千葉ロッテマリーンズ・・・パリーグ優勝おめでとう!

挨拶ですら、2日ほどウラシマタロウ状態です。
第3戦の時は、こんなに面白い試合なのに、なんでテレビ中継しないのかなぁ・・・と思いつつラジオで聴いていました(テレビ中継してても見られないんですがね)。

それが、第4戦、第5戦はテレビ東京が生中継!
さすがだ・・・・小泉首相が靖国参拝するっていうんで、各局が靖国神社から生中継している間、関東キー局でただ1局だけ旅番組を流しているだけのことはあります。

結果は関東で17%、関西でも15%の高視聴率だったようで・・・プロ野球が面白くなくなったわけじゃないんですよね、一部チームやオーナーがふがいないだけで・・・

そして、こうなるまで気がつかなかったのですが、ロッテは千葉マリンスタジアムを中心としたボールパークを構想しているようで、地元密着型のプロ野球チームになりつつあるようです。
もともとこの形式はMLBが最初で、日本のプロ野球チームでこういった形式を取り始めたのは旧福岡ダイエーホークスです。
チームオーナー、ホーム球場のある地元自治体、球団が一体となって盛り上げていくという形式は、球団が強く、そして根強いファンを獲得する上で理想的な形といえるのではないでしょうか。
チームオーナーの権力が強く、テレビ中継による放送権がメインとなるセリーグよりも、全国中継がない分、固定客層として球場に足を運ぶリピーターと、入場料でまかなおうとするパリーグの方が、この方式をいち早く取り入れて成功しつつあるのは、セリーグ球団のファンとしてはうらやましい感じです。

31年ぶりのリーグ優勝、監督復帰で球団を見返したバレンタイン監督などロッテの良かったところは多いのですが、2年連続でシーズンを1位で通過しながらリーグ優勝を逃してしまったダイエーはちょっと可哀想ではありました。
プレーオフという制度は面白いですが、優勝チームが実戦から長く離れてしまうこと、いくら引き離してもシーズンを負け越しているチームが最後の最後で優勝出来る可能性があるような制度は・・・ベタなバラエティ番組のクイズみたいなので、改善を求めたいところです。

日本シリーズは阪神タイガースと千葉ロッテマリーンズという、熱狂的なファンを持つチーム同士の対決ということになりました。
阪神は実戦からかなり離れていますが休養は十分、ロッテはプレーオフの勢いそのままに突っ走れるかが見所ですね。
来年はセリーグにもプレーオフを導入しても面白いかも知れません・・・もっとも、TBSと楽天の合併やら、村上ファンドの阪神電鉄株の大量取得やらで、とんでもないところから球界再編が持ち上がる可能性もありますが・・・
[PR]
by tlunar | 2005-10-19 16:57 | 日々想う事