毎日gdgdと過ごす日々


by tlunar
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

第1話 ユメノ☆アリカ

録画してあると油断してたら、あっという間に時間が・・・
ということで、ようやくみることが出来ました、待望の舞-乙HiME第1話です。

いろいろと前情報に踊らされ、漫画版の設定にも踊らされ、スターシステムということで躍らされ・・・始まる前から息切れ起こしそうではあるのですが、やっぱりいざ始まるとなるとドキドキしますね。

というわけで、リネとはまったく関係ないアニメ感想ですw




アバンでは、燃える城、元オトメが逃がす赤子、そして今回も悪役か関俊演じるキャラが出てきての意味深なシーンから、一気に時間が跳んで14年後。
砂漠を歩く、14年前の惨劇から逃された赤子の成長した姿であろう少女が倒れるところでOPへ

前作よりはスローテンポのOPにさっそくスタッフの仕掛けられた釣り針が!

サビメロの部分で続けざまに出てくる前作から登場のシズル!そしてでぼちんことハルカの雄姿!!うわぁ、今回はオトメとして登場ですか!前作では一般人、漫画版でも一般人だったのですが、アニメに関してはずっと隠されてきただけに、びっくり。
さらには前作のヒロイン舞衣のシルエットが放つのはスーパーイナズマキック!?
蝕の祭を勝ち抜いたHiMEにふさわしい破壊力ですよ!

その後の本編もスターシステムで出てくる予定の、キャラが一杯登場して、非常に満足w
物語の舞台となる都市「ヴィントブルーム」の世界観と主要キャラの紹介という非常にオーソドックスなつくり(コレは前作の舞-HiMEもそうなんですけど)ではあるんですけどね。
主人公のアリカの性格やニナやマシロといったサブヒロイン、それに関わるセルゲイ、ナツキ、シズル、アカネといったキャラクター達の物語上の立場や性格をわかりやすく示しつつ、異世界であるヴィントブルームの文化や背景を解説していく手法は見事です。
そして、アリカが目指すことになる「夢」である、乙HiME(オトメ)についても戦闘や会話の中でさりげなく解説していきます。

視聴してる間は「うわぁー」とか「でたぁぁ」と思いつつみてたんですが・・・ちょっと落ち着いてみるとたぶんコレが1作目だったらそれほどはまらないじゃないかな?と思いました。

まだ、1話ですからなんとも言えないのは確かなのですが、前作「舞-HiME」のキャラクターにあそこまで入れ込んだのは、舞台が日本だったというのが大きいと思います。
伝奇物であり、チャイルドやら媛星やら異世界の要素が入ってはいましたが、舞台はあくまでも日本の1地方の高校だったし、キャラクター達も日本の高校生だったわけです。
だからこそ、キャラクター達の恋愛感情や心情に共感することが出来たんだと思います。

だから、今回の舞-乙HiMEは今後の展開は楽しみではあるのですが、かなりの鬱展開になったとしても、たぶん前作のように胃が痛くなることはないだろうなぁと思うのです。

まぁ、展開によっては前作とは別の意味でハマルかもしれないのですがw
[PR]
by tlunar | 2005-10-11 20:31 | 舞-乙HiME