毎日gdgdと過ごす日々


by tlunar
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

そして選挙へ・・・

昨日のBlogでも書きましたが、郵政民営化関連法案が参議院で否決され、衆議院が解散されることになりました。

やはり抵抗精力というか、族議員そして地元の有力者との癒着は強いなぁと感じる一幕でした。
国会議員になったのに、地元しか向いてないというのは間違ってます、地方の為に働きたいなら「県議会議員」に立候補すべきなのです、国会議員になったら日本全体のことを考えてくれないと困るのですが・・・まぁ今の選挙の方法じゃそれを望むのは難しいんでしょうねぇ。

さて、これでまだ時期は未定ではありますが、小泉さんが「解散」を宣言した場合「30日以内」に衆院議員を解散して再度総選挙を行う必要があるわけですが・・・今回の選挙の際に前回の衆議院投票時に「反対」または「棄権」をした議員については、解散後の選挙で「公認」しないと小泉さんは公言しております。
そこから考えて、今回反対をしている議員さんたちの中には離党して新党を結成するという動きもあるようで、小泉人気に陰りが出てきた今、反小泉で選挙を乗り切る自信が今回の騒動で出来た議員さんも多そうです(特に郵便局員がらみで)
そうなると、今度の選挙は

改革派・小泉自民党 ・・・今回の骨抜きに近いグダグダ法案をもう一回締め上げて、改革路線=小泉自民 反対する奴は改革する気が無いというのが選挙の柱になるはず。
これでまとまれば、逆に改革が本気で進む可能性も高いです。

保守派・反小泉新党 ・・・反小泉の急先鋒亀井あたりが、ぶち上げるんじゃないでしょうか。日本を真に考えているのはこちらだと言わんばかりの「真自民党」とかやってくれないかなw
他にも、道路公団とか農政改革とかで既存の利権が怪しい人たちが大挙して離党する可能性が無いとはいえません。

改革派?・民主党 ・・・真の改革を標榜し自民が割れる今こそ、政権奪取に意欲を燃やす民主党ですが、TOPあらそいのゴタゴタ、旧自民勢とその他の派閥争いと、政権を奪取した次の日には割れそうな火種を抱えています。自民に変わる代案も実現不可の理想論ばっかりだしなぁw

キャスティングボード・公明党 ・・・選挙期間にある程度の余裕があれば、一定数は確実に確保する公明党、現議席数の維持が条件ですが彼らと協力できるか否かで、政権が取れるかどうかが決まるので、ある意味一番有利な立場にいます。
投票する側にしても、公明の掲げる公約は果たされ易い(確実に政権に入れるから)ので、バックの組織が気にならないのであれば投票してもいいのでは?

今回も2大政党成立とは行かずに、細かい勢力がどれだけまとまってキャスティングボードを握れるかがポイントになりそうですが・・・とりあえずは皆が「改革」を選挙のポイントにはおくに違いありません、その際の舵取りを小泉さんに任せるか否かが焦点になるのではないでしょうか。
正直国際関係においては小泉さんはあんまり上手じゃない&言動が危なっかしいので、そろそろ退陣をお願いしたいとは思いますが、国内の改革路線を根付かせるにはもうちょっと小泉改革で進めていって欲しいところです。
さてさて、誰が自民党から出て、誰が無所属または新党で立候補するんでしょうか?
民主は岡田さんじゃキャラが弱いので別キャラを立てた方が良いような気がするぞ。

私の投ずる一票では、ほとんど影響なんて無いに等しいのですが・・・それでも今回の選挙は投票する対象が絞り込みやすいような気がします。
選挙権を持つ方はぜひ投票に行きましょう!!「投票率が上がれば上がるほど改革に近づくことが出来る」私はそう思っています。

「政治的無関心は汚職の最大の温床である」

自分が暮らす世界だからこそ、出来ることからやっていくという必要があると思います
[PR]
by tlunar | 2005-08-08 19:06 | 日々想う事