毎日gdgdと過ごす日々


by tlunar
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

七夕の事

7月7日は七夕です、日本古来からある恋愛物語な訳ですが・・・商売に結び付けづらいせいかバレンタインデーの方が恋人同士のイベントとしては盛り上がっていますね。

さて、この七夕で良く知られているのは、中国古来の織女星と牽牛星の星物語です。
この物語の主役たちは天の川をはさんで輝く織女の星ベガ(織姫星・琴座α星)、牽牛の星アルタイル(彦星・鷲座α星)、そして恋のメッセンジャーを勤めるカササギは白鳥座α星のデネブです。この3つは夏の大三角形とも呼ばれ、夏の星座の中でもひときわ明るく輝く星達です。

七夕は現在は『タナバタ』と呼ばれますが、大本は五節句(人日-1/7(七草の節句), 上巳-3/3(桃の節句), 端午-5/5(端午の節句), 七夕-7/7, 重陽-9/9(菊の節句))のひとつで江戸時代のお休みの1つでした。
そして、七夕のもともとの読み方は『シチセキ』と呼ばれていました、コレがなぜ『タナバタ』と呼ばれるようになったかというと、大元になった織女は、天帝の娘であると同時に中国では手芸の神でもあったのです、さらに日本には古来から先祖の霊を供養するために、布を織りそれをささげるという風習がありました、その布を折る人を「棚機つ女(たなばたつめ)」と呼んだのです。
現在では七夕は7/7に行われていますが、コレを旧暦に直すと8/7頃となりお盆の時期と重なります、そのために先祖の霊を供養する「棚機つ女」と手芸の神である織女に星伝説がいっしょになって七夕『シチセキ』が『タナバタ』と呼ばれるようになったというのが有力な説のようです。

そして、灯篭流しや笹に短冊という日本の七夕の風習は江戸時代になってからで、手芸の神である織女に棚機つ女が上手く布が織れるように祈るという観点から、寺子屋に通わせる子供の習字などの手芸の上達を願う>自分の願いを吊るすという風に変わってきたそうです。

七夕といえば笹飾り、願い事を下げた笹は翌日川に流すのが本来なのですが、それは先祖の霊を供養する「棚機つ女」が禊(みそぎ)を行い穢れを清めて、織り上がった布を竹に吊るし水辺に捧げて穢れを祓う方法が取られていたみたいです。
その風習が微妙に残って、今の笹飾りになったと思われます、本来は短冊ではなく5色の布を下げていたそうです、この笹飾りの習慣も広まったのは江戸時代です。

このように七夕は幾つもの神話や風習が複合してできたものなのですが、願い事とは関係の無い「織り姫と彦星(織女と牽牛)」の物語が有名なのは、今も昔も恋物語が一番人を惹き付けるからなんでしょうね・・・






いやまぁ、私にはそんな艶っぽい話などないわけなのですが。
短冊に「恋人」とでも願い事してみるかねぇw
[PR]
by tlunar | 2005-07-07 20:52 | 日々想う事