毎日gdgdと過ごす日々


by tlunar
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

安保関連法案

野球と政治の話しは荒れるため、他人との話題としては不適切とされています。
そんななかでも、特に荒れそうな安保関連の法案が衆議院で可決されました。

戦争に繋がる、憲法9条違反ということで、野党や左翼の方々はかなり激しい反対をしています。
逆に右翼の方は、どちらかと言うと「だんまり」という感じで、自民党が行っている周知活動以外はかなり静か。

ネットだと、特にどちらも過激だったり極端だったりなので中立的な資料はあまり見当たりません。

私も、法案の可決が進んでいることは知っていましたし、この法案を足がかりに安部首相が憲法改正まで持って行きたいと考えているような気もしています。
ただ、法案について細かくは知らなかったので、少し自分なりに調べてみました

参考リンク:自民党
国家安全保障基本法案(概要)

こちらが、自民党が公開している国家安全保障基本法案の概要、この他に関連として「武器攻撃事態法」に関連した「集団自衛事態法」や、アメリカとの同盟関係を前提としている「重要影響事態法案(周辺事態法改正案)」、平和活動への協力を制定した「国際平和協力法」などが改定されることになります。

法文だけに、これだけ読むと当たり前のことが書いてあるだけのようですが、反対する側としては「解釈次第で、集団的自衛権の行使や、武力による先制的な自衛権行使が可能」「同盟国が攻撃または戦争状態になった時に、日本も自衛隊による武力参加が可能になる」というのが主な心配事のようです。

また、賛成というかなぜこの法案が必要だったかという側からすると、「今までPKOなどに参加していても、紛争地帯にいるのに、武力を持っての護衛が出来ない」とか、「他国からの侵略行為があった場合に迅速に対応が出来ない」という日本での法制上の不備を補う必要があったという事になります。

私は、「日本は二度と戦争をするべきでは無い」という事には全面的に同意しますし、武力衝突はどんな手段をとっても避けるべきだと思っています。
しかし、今の東アジアの情勢として全くの無抵抗でいることが可能だとは思いませんし、世界に背を向けるには日本という国は大きくなりすぎており、世界でのゴタゴタに否応なく首を突っ込まなくてはいけない立場にいるとも考えています。

ある意味世界が成熟してきて、大規模な武力進行が起こりにくい世の中になってはいますが、小競り合いやテロリズム、地域紛争というものは起こり続けるでしょう。
そのために、日本が国力にあった武力をもっていることは重要なのではないでしょうか。

今回の法案は、確かに今までの日本に比べて、「戦争」に1歩近づいたと言えます。
その上で、近づいた場所からいかに「平和」を導くか、武力を振るわずに武力に対応していくかを模索するのが、これからの課題だと私は考えます。

いくら目や耳を塞いでも、世界では戦争や紛争は起きていて、武力による解決をしようと考えている国がいまだいることも事実なのですから。

ちょっと、今回の法案について考えてみました。
ただ、長いこと議論はしていたようですが、中身のある審議だったのかと言われると・・・ちょっと疑問なのが残念なんですよね。
[PR]
by tlunar | 2015-07-15 19:49 | 日々想う事