毎日gdgdと過ごす日々


by tlunar
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

「アステロイド・マイナーズ2」あさりよしとお



あさりよしとお氏の描く、リアルな宇宙生活を綴ったオムニバス第2弾。
小惑星での採掘や、地球圏から人類が脱出した未来を舞台にしてそこで繰り広げられる、普通の人の生活を科学的考証を元にリアルに描き出している。

収録作品は、小惑星生まれの少年が、狭い世界と変わらない日常に不満を抱く「小惑星の日」、某国の将軍様が世界初の宇宙空間用戦闘機を作ろうとする「独裁者の幻想」、エリートとして月基地での調査員として暮らす2人のエピソード「月は地獄だ」、小惑星を渡り歩くの採掘作業員が遭遇した、ある小惑星での出来事「ドワーフの村」の全4編

いずれも、シリアス過ぎず、かと言ってコメディというにはスパイスが効いたあさり節が楽しめる。
特に「独裁者の幻想」では、多くのSF作品における描写への「(現時点での)理想と現実」がきっちりと描かれていいます、他の3編もつくづく宇宙は人が住めるトコロではなく、地球は住むには恵まれているトコロだというのがこれでもかと描かれていて、宇宙で暮らすって、想像以上に大変です。
でも、そんな宇宙に住んでいる人がいて、地球の私達よりもちょっぴりシビアで厳しい環境で人生を送っている。

・・・このマンガの底にあるのは限りない「宇宙への憧憬」なんじゃないかな。

絵のタッチは今風じゃないけれど、同じあさりよしとお氏の著書「まんがサイエンス」とともに、小中学校の図書館に揃えて欲しい本だと思います。


[PR]
by tlunar | 2014-01-20 20:24 | BookReview