毎日gdgdと過ごす日々


by tlunar
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

徳洲会のニュースについて

事実は小説よりも奇なりとは、よく言われることですが。
衆議院選挙の公職選挙法違反から明るみにでた「徳洲会」の裏側・・・まるで地方権力者のテンプレートみたいな会長徳田氏の成り立ちからして、小説やドラマの設定みたいです。

・1代での立身出世
・体の自由が効かなくなってからの志の変化
・権力欲の強い親族の権勢

日本医師会ともよく揉めていたみたいですし、今まで良く問題にならなかったなと思います。
確かに理念は立派です、会長の全盛期はブルドーザーみたいな人だったんだと思います。
無謀とも思える目標と、自分の体を顧みず突き進む姿は高いカリスマ性を持って、多くの人を惹きつけたのではないでしょうか。

このニュースで気になるところは、徳洲会の病院運営そのものにあまり言及されないところです。
離島や僻地へ病院を立てているのは間違いないですし、親族へのリベートやら裏金を集めたからダメだったわけで、グループ一括での物資調達というのは、コスト削減でよく使われる方法です。
病院の設立時に、地元の医師会と揉めたりはしたみたいですが、病院そのものについての評判というのはあまり出てきません。(素晴らしいというのも出てこないので、普通なのかもしれませんが…)

グループが分裂したりすると、地方の診療所なんかでは困るところも多いのではないでしょうか。
HPに掲載されている理念に感銘を受けた医師なら、真面目な人も多いでしょうし、権力という裏付けが無くなってどこまでグループが維持できるか、創業者の徳田一族を外すことが出来るかがグループの行方を左右するんでしょうね。


[PR]
by tlunar | 2013-11-18 21:20 | 日々想う事