毎日gdgdと過ごす日々


by tlunar
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

信用と信頼と食品偽装

阪神阪急ホテルの不祥事から始まったこの問題ですが、いろいろと調べ始めた結果、他のホテルグループやデパートで販売しているお節セットやレストランでも、同じような表記違いがゾロゾロと発見されました。

偽装した方が悪いに決まっていますが、日本人の行き過ぎた「ブランド嗜好」が産んだ問題でもあります。

産地偽装は、スーパーなどでの食品売り場では良く問題になっていました、「あさり」や「うなぎ」なんかはその代表でもあったりします。
しかし、高級店での表記まで信用出来ないとは・・・コスト削減の結果が大きいとは思いますが、目先のお金を拾って大事な信用を売り払っているところが多いのが以外でした。
「グローバル化」や「コスト至上主義」の前に昔ながらの「損して得取れ」はなかなか通用しないですが、それをやるのが高級店であり、老舗なのだとおもうのですがね。

こちらとしては、至高や究極を判別できる舌は持っていない私達も、高いお金を出して、「○○ブランド」と書かれている物を食べる事で満足感を得ているわけですから、そこで「実は〇〇でしたー」とネタバレされたら、金銭的にも、気分的にも良いわけがありません。


せっかく「ちょっと高め」のものに対して消費者の財布が緩んでいる時に、とんでもない爆弾が紛れていたものです。
スーパーなどで販売される食品にはトレーサビリティも普及してきましたが、外食で使用されている食材にまですべて対応させるのは、まだ現実的ではないわけで・・・完全に防ぐことは難しく、結局は提供側の「信用」しか私達が頼るものは無いわけですよね。

やっぱり商売の基本はそこなんだな、と考えさせられる今日このごろでした。
[PR]
by tlunar | 2013-11-06 21:51 | 日々想う事