毎日gdgdと過ごす日々


by tlunar
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

急転直下

いままでの方針や、このまま決着かと思われた事態が急に動くのは珍しいことではないですが・・・

・WBCに日本出場へ、プロ野球選手会が不参加決議を撤回
・尖閣諸島、国が購入することで地権者と合意

この2つのニュースにはびっくりしました。
いままでの経緯から考えて、覆るとは思ってなかったのですが・・・どちらも解決したのは金。

特にWBCは、選手会が反対したのはWBCの運営が「MLB」側の力が強く、サッカーのFIFAの様な国際的な機関での運営に成っていないというもの。
それの分かりやすい目安として、WBCのロゴやスポンサーからの分配金、参加選手の肖像権などの権利が日本で取得できないなどの金銭面での不利益でした。

今回、MLB側はなにも変えていません、「すこし分配金を増やしたから出たいなら早く返事をしろ」と日本のプロ野球機構に連絡しただけです。
それに対して、プロ野球機構はWBCを使わなければ、日本代表「侍ジャパン」での営業をスルことは問題ないので、そちらでWBCとは別にお金を集めて選手会に配るよと、MLBではなく選手会側に回答しました。

それを受けて、お金が出るなら参加します(超意訳)と選手会側が不参加を撤回。
晴れて「侍ジャパン」が第3回WBCに登場することになったのです!

・・・それで本当にいいのだろうか。
サッカーに比べて、野球は世界的な競技人口がすくなく、WBCも世界大会と銘打ってはいるものの、強豪と呼べるのはプロがあるアメリカ、日本、台湾、韓国と昔ながらのリーグがあるキューバぐらい、あとはMLBに選手を多く排出しているドミニカぐらいでしょうか。
その下となると一気にレベルが下がるので、予選リーグも順当な結果にしかならず、結果代わり映えしない国で決勝リーグとなります。

そもそもが、世界に野球の楽しさを広めるという目的でWBCを開催しているのではなく、年俸の高騰で懐が寂しいMLB機構が考えた集金用大会ですから、そこが改善の兆しがなければ不参加は当然だと思ったですが、以外と選手間でも参加したほうが良いという意見が多かったらしい。

その原因の一端は、サッカー人気にあるのは間違い無いでしょうけどね。
Jリーグが定着し、日本国内でも競技人口が野球を超え、「なでしこ」という女子の競技まで人気がひろまっている現在、プロ野球の選手達もこのままではダメだという認識は持っているのでしょう。
それもあってのWBCへの参加表明かと思いますが・・・それなら最初から参加表明するべきでしたし、その前提が覆らない以上は不参加の方が良いと思うんですけどね、スポンサー料が減りますから次回の時はMLB側と交渉もしやすかったでしょうに。
日本代表となる「侍ジャパン」・・・まだ代表監督も決まってないですし、前回ほど盛り上がらない気もします。
プロ野球機構が大きく変わらない限り、野球人気の凋落は続くように思えますね。

そして、もう一方の尖閣諸島。
これはどうやら飛ばし記事だったようで、まだ合意には至ってないとか・・・早く問題を収束させたい政府側の工作なのか、金銭面で優位に立ちたい地権者とその取り巻きによるリークなのか・・・いろいろと想像できる事態になってますが、国会が空転してしまっている今、どのような形で決着するのかが楽しみではあります。

転がる方向性によっては、衆院選での争点の一つになるでしょうしね。

傍から見ていられるなら、急転直下も面白いんですが、巻き込まれている人や関わっている人はたいへんだろうなぁw
[PR]
by tlunar | 2012-09-05 22:10 | 日々想う事