毎日gdgdと過ごす日々


by tlunar
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

オスプレイ配備で考える

いろいろと問題ありとされつつ、日本への配備がすすむ米軍のオスプレイ。

ヘリと飛行機を足して2で割って、性能を120%アップさせたというのが私のイメージ。
正確にはV-22といって、オスプレイ(Osprey)はミサゴを意味する機体の愛称。

開発はベル・ヘリコプターとボーイング・ヘリコプター、初飛行は1989年ですから実は20年近く経っているんですよね。機体を見れば分かる通り、かなり複雑な事をしているだけに、開発段階や量産の初期段階で機体の設計ミスや操縦ミスで墜ちたり燃えたりしています。

今回日本へ配備する上で、オスプレイを危険視する人は、こういう事故を例に「危ない」と反対していたりします。
確かに、飛行機やヘリコプターと比べれば、パイロット側の技術習得には時間が必要でしょうが、基本的に損害を嫌う軍の装備品ですから、安全対策はかなりのレベルまでに達しているとは思います。
航空機に比べて、機体のトラブルが起きやすく、ヘリコプターに比べてトラブル時の立て直しが難しいのであれば、いくら「事故率が低い」と言われても、あまり市街地の近くを飛んでもらいたくは無いですね。

逆に、このオスプレイは米軍の主力輸送ヘリCH46E(シーナイト)に替わって配備されるのだが、速度、航続距離、輸送量の全てが上回っている。特に航続距離は3,500km以上で、空中給油も可能なことから、兵員や物資を運ぶ距離が一気に広がる。

もし、これが日本の普天間に配備され運用されはじめるとしたら、嫌がるのは中国と北朝鮮です。
強襲揚陸艦以外に高速で兵員輸送が可能な手段ができたわけですからね・・・台湾や朝鮮半島の有事にも対応可能な距離ですし。

これらの国が後ろ盾になっている団体が、「反対」と叫んでもいますから判断が難しくなってきているんですよね・・・原発も、日米安保も、改憲も・・・。

正確な情報はもちろんですが、マスコミや大きな声の団体に惑わされる事無く、自分にとって何を重視して、どうなるのが良いのかをしっかりと判断して、「賛成」や「反対」をしたいものです。
それは、今秋以降に行われるであろう、国選選挙で誰に投票するかの重要な指針になるはずですから。
[PR]
by tlunar | 2012-07-24 22:17 | 日々想う事