毎日gdgdと過ごす日々


by tlunar
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

「核」の存在について

麻生内閣の時からようやく出てくるようになった日本の核保有に関しての議論。
唯一の被爆国として、核に対しての姿勢は単なる感情論ではなく、しっかりと理論を持っておくべきだと思います。

私としては、非核三原則を含めて日本は核を保有するべきではないし、核に対して一定の距離を置いて核保有国に対して批判的な立場を取り続けるべきだと思います。
前提として「世界の主要国としっかりとした関係がとれていること」というものがありますが、それが出来ている限り、日本に核は必要ないと思います。

今の世界情勢では米ソの冷戦時代のように、核を突き付け合う状態が出てくるとは思えません。
今後実際に核が使用される場合とは、外交的に追い詰められた国が、通常戦力で国境から攻め込むのではなく、一気に相手の主要都市を叩くべく打ち込むというのがシナリオだと思います。

つまり、現在の世界情勢での「核」とは外交的な最終手段として、「自棄になって打ち込む可能性があるぞ」というように、脅しの手段として使用される事が前提となるわけです。

もし、日本が核を保有した場合、同じように「脅しの手段」として核を使用するのでしょうか?
また、相手側が打ち込むような姿勢を見せた場合に、先制して「核」を使用するか、使用された後に報復として「核」を使用して相手の都市を壊滅させる行為を被爆国である日本が行うのでしょうか。

核を打ち込んだ後の事を考えてみると。
世界が二つに分かれていた冷戦時と異なり、核を使用した側は世界的な孤立が確定するわけで、外交的には打ちこまれた側の方が圧倒的な優位に立つことになります。

「もし使用されたら、被害は甚大だ」
という論調はわからなくはないですが、先制攻撃で相手の核設備を壊滅させない限り、追い詰められた側を止めることは非常に困難です。

つまり、「核」が使用される段階まで外交が進んだ段階で、被害を避ける事は難しいわけです。

それであれば、核以外での外交手段と通常戦力の強化により、「核」を使用させないように持っていくのが正しい姿勢だと思います。

日本のマスコミは色々とネガティブな報道を行いますが、経済的にも日本は世界有数の先進国である事は間違いありません。
外交的には非常に下手ではありますが、多くの場合において、追い詰められる側ではなく、追い詰める側にいるわけです。
そして、核が拡散する事でテロリズムによる核兵器が使用される事態になれば、それこそ「核」を保有していても意味がなくなります。

「核」を抑止力として持つのではなく、「核」を脅しとしても使用させないような世論を形作る努力をしていくのが、日本の目指す戦略としては正しいのだと思います。
その場合に武器となる「被爆国」というカードを日本は持っているのですから。
[PR]
by tlunar | 2011-02-15 20:18 | 日々想う事