毎日gdgdと過ごす日々


by tlunar
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

尖閣ビデオで考える

もはや、売国奴かそうでないかの踏み絵のようになっている尖閣問題のビデオ。

YouTubeで流れ、マスコミで流され・・・もはやほとんどの国民は見ているわけですが。
それでも、公式にはまだ、写真すら公開されていないことになっています。
キチンと法律をまもる民主党の多くは、6分の短縮版すら見たことが無いのでしょう。

今日、流出させた本人だという海上保安官が名乗りでて、流出の経緯や経路ははっきりとしそうです。

仙石健忘長官は、「国家反逆罪だ」と言わんばかりで、海上保安庁長官の免職まで口にしているそうですが・・・民主党は絶対君主制の元で情報統制でもしているつもりなんでしょうか?
確かに、組織に「出すな」と言われたものを、勝手に持ち出して公開したことは、機密保持違反に抵触していると思います。
それが、義憤からの行為であっても、違反は違反です。

それとは別に、コレが「機密」にしないとダメなほどの情報であったのか。
という観点からも議論がなされなければ、日本という国の自浄機能は麻痺していると言わざるを得ません。
政治についてのど素人であっても、日本の立場に立っているのであれば、今回の尖閣諸島の事件で民主政権が取った方策が「正しかった」と言え無いのではないでしょうか?

管総理や仙石氏が中国の政治家であるなら、話は簡単なんですけどね。
間違いなく中国に利しているわけですから・・・

そして、この問題にたいしてマスコミや知識人、政治家や経済人。
だれがどのように発言しているのか、それをきっちりと見極める事が、これから先「日本」を共に盛り立てていける人間なのかどうかの判断材料になると思います。

しかし、鳩山総理の時は、こんなにもダメな人が総理なのかと、個人に対しての絶望感が強かったのですが、この尖閣問題に、ロシア大統領の北方領土上陸、PTTを巡るドタバタを見ると、やはり民主党という組織そのものが「無能」だったんだなと、改めて痛感します。


・・・最近はニュースを見ても怒りしか感じない。
[PR]
by tlunar | 2010-11-10 23:32 | 日々想う事