毎日gdgdと過ごす日々


by tlunar
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

規格外の野菜

母の友人が長野へ行く道すがら、野菜の直販所で野菜を山盛り買ってきてくれました。

モロッコいんげん、ズッキーニ、ピーマンにブロッコリー・・・
どれも大きさは不揃いですし、やや小振りだったりもするのですが、値段はどれも、こちらのスーパーで買うよりも1/2~1/3ぐらいです。

長野から東京への輸送費とか考えないから、単純には比べられませんが、こう言うのを見ていると、Newsで言われる「異常気象で野菜が高騰」というのは、あまり正しくないんだと思います。
正確には「流通の規格にあった野菜が高騰」ということ。

豊作で、価格調整のために廃棄したり、出荷しなかったりという場合もあるようですが、小売店で価格が高騰するような場合は、農協や流通に乗らない野菜が沢山できているという場合が多いのではないでしょうか。
だから、不揃いだったり、多少のキズ物でも関係ない直販所などでは、安く沢山売っていたりするわけです。

でも、実際にスーパーでキレイに袋詰めされて並んでいれば、少しでもキレイなものから売れていくでしょうし、大きさが不揃いだと、値段も付けづらいのでしょう。
八百屋とかなら、売り方も自由にできますし、その場でおまけしたり、割引なども柔軟にできるのかもしれませんが、人が売り場に居ないスーパーだとそうは行きませんからね。
かと言って、全てが直販や農協を通さないで出来るかというと、それもまた違うような気がします。

結局は、実際に買う私たち「消費者」が賢く商品を選ぶことが重要なんだと思います。
安いものばかりを追い求めるのではなく、なぜその値段で売られているのか、を理解した上で良いものを選ばないと駄目なんだと思います。

規格外のズッキーニを食べながら、そんな事を考えた週末でした。
[PR]
by tlunar | 2010-09-05 23:07 | 日々想う事