毎日gdgdと過ごす日々


by tlunar
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

しっかりと生きる

アニメーションの監督として「大人が楽しむアニメ」を主に作り続けてきた今 敏監督が亡くなりました。
「千年女優」「東京ゴッドファーザーズ」「パプリカ」など、日本を代表するアニメーション監督でした、最近では子供に向けたアニメーションとして「夢見る機械」を制作中でした。

公式に訃報が流れ、その後今敏氏のBlogで氏の最後のメッセージが公開されました。
さよなら(KON'S-TONE)
※今は非常に重いので、まとめサイトでも読むことが出来ます。

このメッセージを読んで、最初の感想は
「死を受け入れるって言うのはこういう事かぁ」
と言う事でした。

歳を取ってからの諦観とは異なり、47という若さで、手がけている仕事や、まだまだ表現者としてもやりたい事も多かったはずです。
それが、この爽やかさ・・・内心はどうだかわかりません。
でも、残される人、やり残した事への心配りといい、死への考えといい・・・感性が普通の人とは違うと言ってしまえばそれまでですが。
死と末期がんの痛みの中で、このメッセージが書けるのが凄いです。


自分が氏と同じ状況になったとして、ここまで「死」と向き合えるか。
「死」を前に、それまでの自分を振り返ることが出来るか。
今の自分には、とても出来そうにありません。

変な言い方ですが、しっかりと「死」と向かい合うには、「ちゃんと生きる」事が重要なんだと思います。
なかなか難しい事だと思いますけどね。
[PR]
by tlunar | 2010-08-25 23:38 | 日々想う事