毎日gdgdと過ごす日々


by tlunar
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

興行だものねぇ

スポーツで色々盛り上がっていますが。

本来の意味とは全く別の盛り上がりを見せているのが、大相撲です。
去年までの朝青龍なんかとは比べ物にならないレベルの闇がふきだしてきました。

野球賭博は、一般ではせいぜい日本シリーズでの勝敗程度ですが、実際はもっとルールは複雑なようです。
totoなんかとは違い、公的ではなく暴力団がしきっていて、資金源になっています。
ギャンブルで儲かるのは胴元だけですからね。

今回問題が明らかになったのは、野球賭博に関わっていた事を、別の暴力団関係者に嗅ぎつけられて、恐喝されていたのが発覚したからです。
なので、実際に野球賭博を仕切っていた側からすれば、「余計なことをされた」という事になるのかもしれません。

しかし、こういう私的賭博については法律で禁止されているものの、賭博の現場や賭けていた事の明らかな証拠が無いと、罪には問われないそうです。
なので、今回協会へ申告した力士たちも、今のところ法律上の罪には問われないと言う事みたいです。

もともと、「興行」の世界とヤクザとの関わりは深い物が有ります。
相撲も興行の一種であるいじょう、何かしらの形でその筋の人達との関わりはあるのだと思います。
過去に遡れば、一体どれだけの関係者が賭博に関わってきたのか・・・

いろいろな問題が出てきても、慣例を盾に大きな改革が行われてこなかった相撲協会ですが、さすがに今回の問題では「何も無し」という訳にはいかないでしょう。
ただでさえ人気低迷が進むなか、国技としての挟持を保つためにもしっかりと膿を出してもらいたいものです。
[PR]
by tlunar | 2010-06-20 23:41 | 日々想う事