毎日gdgdと過ごす日々


by tlunar
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

「AVATAR」を観てきた

アカデミー賞で特殊効果賞は確実と言われている本格的な3D映画「AVATAR」を観てきました。
2Dでの上映なら、近場でもやっているのですが、せっかくなら3Dという事で、雨の中銀座まで足を伸ばしました。
と言っても、その劇場は完全予約制なので、事前にネットで券は買ってあったんですけどね。

公開からだいぶたちますし、空いているのかと思いきや・・・満席に近いお客さんの入りです。
映画館に入る前よりも、飲み物を買うために並ぶ方が長かったりw
3Dのメガネも、最初は映像が暗く感じましたが、見ているうちに気にならなくなりました。


で、肝心の本編ですが・・・なんというか、キャメロン監督、よく作り上げたなぁという感じです。
物語としては、複雑な作りではないですし、主人公の元海兵隊が、分身であるアバターを使って、もうひとつの世界にのめり込んでいく様子は、「ネットゲーム」をやっている身としては、あんまり笑えないモノもあったりしました。
そして、アメリカでは軍を軽視していると言われている理由も、分かりました。
映画の中では「企業の傭兵」となっていますが、暗にアメリカの海外派兵を揶揄しているような気もします。
最も、「脳ミソまで筋肉で出来ているようなバトルマニアな軍人」と言うのは、海外でもステレオタイプとして認識されているような気もします。

ともあれ、CG技術と3D映像の組み合わせは、映像にものすごいリアリティを与え、さらには「自然崇拝」という視点も相まって、本当にその世界があるかのように描き出されています、この映像だけでも見る価値は十二分にあります。
最初にも言いましたが、物語は簡潔です。
小説があるとしたら、3冊分ぐらいになる物語をダイジェストとしてまとめました、みたいな感じで人物像の描き方も、各人の背景も思いっきり削ぎ落とされています。
そんなモノを語る時間があるなら、その分架空の世界の美しさをこれでもかと見せつける方に時間を割く。
そんな感じの映画ではありますw

もし、まだ見ていない人がいるなら、ぜひ3Dで見てください。
2時間30分と長いですけど、映像にため息をついているうちに、終わるはずですから。
[PR]
by tlunar | 2010-03-07 23:50 | 日々想う事