毎日gdgdと過ごす日々


by tlunar
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

本のこれから

Amazonで電子ブックリーダーの「Kindle」が発売されました。
G3ネットワークを使用することで、いつでもAmazonから電子書籍を購入できるそうです。

今のところ英語の書籍だけが対象のようなので、日本でそれほど売れる事は無いと思いますが、Googleの米国で販売されていない書籍に対しての許諾問題といい、本と言う物に対しての存在意義みたいな物が、問われる時代になってきているのかなと思います。

日本で本が売れなくなってきていると言いますが、発行される本の種類はむしろ増えているんじゃないかと思っています。
新書にライトノベル、ハードカバーは減っているでしょうけど、参考書に雑誌、文庫本など、むしろ増えすぎた分量に人間の方がついて行けてないんじゃないかと。
ですから、書店で手書きPOPなんかで紹介したりすると、売れ行きは伸びたりしているそうですし、町の本屋さんで売れずに、ネットショップで売れていたりするのではないでしょうか。

もっとも、出版不況はここ10年言われ続けてきたものですし。
印刷屋と出版社と本屋、在庫と返本、新古書店の存在など、大きな転換期が来ている事も事実です。
次に来るのは、オンデマンド発行とかになるんでしょうか?

とは言え、将来的には、今私たちが目にしている「本」の多くが、ネットワーク上の情報になり、電子書籍として扱われるようになるのは間違いないと思います。
そして、紙で作られた本が決して無くならない事も、同じぐらい確かな事だと思います。

ただ、AmazonのKindleは「2万5千円」、何処でも気になる本を画面上で読めるといっても、しまう場所はともあれ、私としては2万5千円分の本を買った方が幸せに感じるんですよね。
もうその感覚が古いと言われれば、それまでなんですが。
[PR]
by tlunar | 2009-10-09 20:18 | 日々想う事